イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2018年7月編

 

ヘルスケアサイバーセキュリティスタートアップCyberMDXが1000万ドル資金調達【Nocamels.com

医療機器や病院ネットワークに対するサイバーセキュリティサービスを開発、提供しているCyberMDXがシリーズAラウンドで1000万ドルの資金調達を行った。リードインベスターはイスラエル最大手のVC、Pitango Venture Capitalとエルサレムベースのクラウドファンディングプラットフォーム・OurCrowdよりスピンアウトしたイスラエル初のデジタルヘルス特化型ファンドOurCrowd Qureが行う。

CyberMDXは2016年12月に組成された。共同創業者のAmir Magner氏はイスラエル内閣での元・サイバー部門の室長を務め、もう一人の共同創業者Moti Shniberg氏はFacebookによって1億ドルで買収された顔認証スタートアップFace.comも創業したシリアルアントレプレナー。同社は主に、ネットワークに接続された医療機器対するリスク管理、サイバー攻撃の防止および検出機能を扱うソリューションを提供している。

原文:Israel’s CyberMDX Raises $10M For Medical Cybersecurity

 

イスラエル国内でのR&D拡大のグローバル企業へ3300万ドルの資金投入【Nocamels.com

イスラエル政府機関として、国内のR&D発展の一翼を担うIsrael Innovation AuthorityはイスラエルでのR&D施設の拡大を行う6年間のプログラムに参加している内のバイオテクノロジー、メドテック企業3社に3300万ドルのグラントを授与することを発表した。医療機器領域からはMedtronicsGE Healthcare、ヘルスケアビジネス部門からはChange Healthcareが選抜された。2018年3月に政府はイスラエルをデジタルヘルス開発のハブにするための予算約3億ドルを発表している。

原文:Israel Grants $33M To 3 Multinationals For National Biotech, Healthcare Expansion