米国心臓病学会が求めるスタートアップ

*この記事は Globes-Israel Business News の記事を翻訳して作成しています。

 

世界有数の心臓病学組織の1つであるAmerican College of Cardiology(ACC)は、イスラエルのデジタル医療、医療機器のスタートアップを探している。彼らは、それらの企業と協力して、イスラエルで自然に行われているように、テクノロジー企業と医療企業を結ぶ方法を学びたいと考えているのだ。

 

現在、ハイファ経済公社とIsrael Innovation Instituteが主催するイベントに参加するため、ACCのいくつかの主要人物がイスラエルを訪れており、40ものデジタル医療、医療機器のスタートアップがそのアイデアを発表する予定だ。専門家のチームは、各スタートアップに数時間を費やし、最終的には協力のために10人を選抜する。選ばれた企業の少なくとも4社がACCとの共同試行を行う予定なのだ。

 

 

米国の専門家によると、ここ数十年の画期的な進歩の後、医療機器や心臓病薬の進歩のは遅くなっている。ラムズフェルド氏は、「企業が、機器を管理と組み合わせている包括的なソリューションをもっと検討しようとしているのであろう。ゆくゆくは、どの患者が悪い状態で介入が必要であり、どの患者が介入を必要とせず、邪魔すべきでないのかを知ることができる。」と述べた。

 

予防医療への投資が少ない

ラムズフェルド氏によれば、情報を基盤とする企業は、現在、生活の質やスポーツのパフォーマンスを改善するための商品にあまりにも多くの投資を行い、実際の市場、すなわち病気の予防や治療への投資はかなり少ない。この傾向は、情報基盤の製品の規制が厳しく、テクノロジー業界の創業者が、病院や保険会社に販売する方法でなく、消費者に販売する方法を分かっていたために始まったのだ。しかし、規制は改善しており、企業はこの市場の対象が消費者だけではないことを認識し始めている。消費者は情報をシステムに組み込むことに関心はないのだ。

 

 

心臓発作ではなく副作用への心配

Israel Innovation Instituteのイベントでは、ACCの人々が心臓発作の治療の動向について話してくれた。「過去20年間に、コレステロールを低下させるための一般的な薬物であるスタチンが、心臓病の根幹になっている。スタチンは心臓病のリスクを本当に変えてしまった。私が若い医師として働いていた時、スタチンが一般的になる前に、心臓発作で生存する可能性は30%であったと言われているが、もうこの数字は変わったのだ。副作用についても多くの疑問が提起されたが、これらの現象のほとんどは、比較対象された臨床試験に現れなかった。」とラムズフェルド氏は述べた。

 

数年後、また別の新薬が開発されるかもしれないがという質問に対して、

「新薬は、合併リスクが非常に高い場合、またはスタチンの効果が不十分の場合、また耐え難い副作用を引き起こす場合に適している。代替薬があることは良いことだが、スタチンはまだ研究されている薬剤であり、重要なのである。 」

 

*Globes-Israel Business Newsの原文を読む。