Innovation Authority がイスラエルに製薬企業を呼び込む

*この記事はGlobes-Israel Business Newsの記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

2つの主要医薬品会社が、Innovation AuthorityのTrack 35プログラムの一環としてイスラエルに開発センターを設立する予定である

 

2015年に経済産業省のトップ科学者の事務所がInnovation Authority(経済産業省に対応する独立機関)になった時、イスラエルの技術企業をより迅速に、より少ない手続きで支援する計画が策定できるようになった。具体的には、この変化は、国際企業がイスラエルで事業を行うための特別な計画をするのを容易にするのを目的としている。さらにそれを超えて、イスラエルの医薬品および診断業界を活性化するために大手製薬企業を募集することが夢だった。

 

 

Innovation Authorityが発足して以来、めまぐるしい計画が打ち出され、国際的製薬会社のLonza がイスラエルに支店を開設した。しかし、IBMやインテルのような大規模な開発センターを開設している製薬企業は、何十年もの間イスラエルで活動してきた医療機器企業とは対照的に、イスラエルの立場からするとまだ捕まっていないのが現状だ。

 

次回テルアビブで開催されるMIXiii Biomed 2018会議の準備にあたって、Innovation AuthorityのCEO Aharon Aharon氏 は、バイオメディカル業界での彼のビジョンとそれを達成することの難しさについて語った。

 

「ハイテクとソフトウェアにおいて、主な問題は従業員の不足である。バイオメディカル業界では、才能のある人には適した仕事が不足し、給与を反映するすでにある仕事では比較的生産性が低いという大きな問題がある。一方、人的資本は優れており、大学や病院での医学研究はすばらしく、高等教育、病院、産業間の相互関係は良くなっている。」

 

 

大企業にイスラエルの開発センターを設立させる魅力的なプロジェクト “Track35”がイスラエルに製薬企業を呼ぶ目的のため企画された。入札はすでに行われており、結果は夏に発表される予定である。2つのアンカー企業が第1段階で選定され、Aharonは “非常に価値ある”企業が入札に参加したという。このプロジェクトを超えて、Innovation Authorityは、それぞれの関心のある会社のために特定のプログラムを調整することができる。

 

*Globes-Israel Business Newsの原文と続きを読む。