イスラエルスタートアップ Mantis Visionが同国のAIスタートアップのBrainVuを買収

*この記事はGlobes-Israel Business Newsの記事を日本語に翻訳して作成しています。

スマートフォン、3Dスタジオや3Dスキャナー向けの3D写真撮影やセンサー技術を研究・開発しているイスラエルスタートアップ Mantis Visionが同じくイスラエルのTechnion, Israel Institute of TechnologyからスピンアウトしたBrainVuを買収することを発表した。

BrainVuは人間の目の動きを元に、リアルタイムで感情を特定することが出来るバイオサインを検出するマシンビジョンを開発している。今回の買収後も、BrainVuは社名は保持し、研究者やディベロッパーのチームも残る予定だ。BrainVuは長年MRIイメージングにより様々な状況で脳で何が起こっているかを研究してきており、MRIと、目の動きや瞳孔のサイズをモニタリングすることで得られる特性が似たデータ結果を示していることを発見した。つまり、電極を脳に接続することなく、感情フィードバックを認識することが出来る。

MantisのCEO Gur Arie Bittan氏はBrainVuの技術はユーザーの感情に応じてVRやAR内でのUXにイノベーション起こすことが出来ると考えている。

[Globesの原文を読む。]