IceCure社が凍結療法によりガン治療を開始

*この記事はGlobes-Israel Business News の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

HaifaのElisha病院は、凍結療法かつ手術なしで、良性乳房腫瘍および悪性腎腫瘍を排除するためのIceCure Medical Ltd’s(ICCM)治療を開始する予定である。

IceCure社は、イスラエルの医療機器メーカーであり、手術中もしくは手術なしに腫瘍を凍結させることにより、胸部やその他の部位の良性腫瘍や悪性腫瘍を排除する技術をHaifaのElisha Private Hospitalにて開発している。

イスラエルの商業流通はDuke Medical Solutionsによって行われる予定だ。

 

 

IceCure MedicalのCEO Eyal Shamir氏はこう述べた。

「私たちはイスラエルにおける乳がんと腎腫瘍の商業的な治療の開始を喜んでいる。これは、イスラエルの医療施設において、私たちの技術により手術や乳房を切除することの必要性がなくなる代替手段になることを示している。イスラエルでの治療は、乳がん、肺がん、骨がん、腎臓がん、肝がんなどのさまざまな適応のため日本、米国、香港、および欧州で当社の技術ですでに実施されている商業的な治療と同様に成功している。私たちは最近、ProSense™で治療した後の癌の再発率が非常に低いことを反映した大規模な乳がん試験で成功した初めての結果を報告した。146人のうち1人だけががんの再発と76%で治療終了後約48時間までの完全な日常生活に至り、患者および医師の95%がこの結果に満足している。」

 

*Globes-Israel Business Newsの原文を読む。