BrainsWayの強迫性障害治療の機器がFDA承認

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

脳障害の治療にDeep Transcranial Magnetic Technologies(Deep TMS)を用いる、イスラエルの脳科学技術のスタートアップであるBrainsWayは、強迫性障害(OCD)の治療のための非侵襲的な機器が米国食品医薬品局(FDA)から承認を得たと発表した。

 

「BrainsWayのOCD認定は、この障害の治療における歴史的マイルストーンとなっていて、これは、人生を変えるほどの有意義なOCD治療を求めている患者のための新しい治療選択肢です。」とテルアビブ大学Sackler School of Medicineの精神医学教授であり、強迫性障害国際組織(ICOCS)の長、およびそのOCD試験の主任であるJoseph Zohar氏は述べる。

 

同社は、ODS Brainsway helmetsを即座に販売し、取り付け始めようと計画している。このヘルメットは、脳の前頭前野の灰白質の役割をし、8つの回路を連結することでOCD、統合失調症、双極性障害、自閉症などのさまざまな疾患に対応する。

 

*NoCamel.com の原文を読む。