イスラエルの創傷閉鎖技術が縫合を変える

*この記事は Nocamel.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

縫うこととして一般的に知られている外科的縫合は、古代エジプトで紀元前3000年も昔から創傷を閉じるために使用されてきた。それ以来、この医療技術は、針を使って2つの皮膚のフラップを一緒に縫うことで、怪我や手術から回復している患者を救ってきた。しかし、それは過去5年間に根本的に変わっていない。

 

 

4年前、急性および慢性の皮膚創傷の閉鎖および治癒を助ける装置であるTopClosureが現場に登場し、国際的な見出しとなった。

参考記事:http://nocamels.com/2014/12/topclosure-wound-closure-stitching/

現在、革新的なイスラエルが発明したこの装置は、生命を救うために重要な臓器手術に使用されており、迅速な回復を可能にし、感染リスクを軽減しているのだ。

 

 

TopClosureは、HaderaにあるHillel Yaffe Medical Center の外科医であるMoris Topaz氏によって発明された。製品には、ケーブルで接続された創傷の両端の皮膚に接着した2つの留め金が含まれている。これは、病院の医療従事者によって使用され、まず皮膚移植片の必要性を避けるため傷のまわりの皮膚を引き伸ばすことで、次に傷が適切に傷つくことを保証することによって機能する。

 

この手技は、回復後の皮膚の緊張、適用の難しさおよび美容的な問題を含む伝統的な縫合の欠点を低減させている。具体的には、肝移植などの際の開腹で生じる大きな傷を、感染が起こる前にすばやく閉じることが可能になったという。これは従来では困難であった。

 

参考動画(TopClosureの仕組み)

 

Topaz氏が設立したTopClosureの親会社 IVT Medicalによって開発された Vcare αについても少し紹介する。

 

Vcare αは、感染物資や血液や膿などを含む過剰な体液を創傷から取り除く吸引機器であり、TopClosureと組み合わせることで、創傷の治癒と縫合が同時に行えるようになるのだという。

 

*Nocamel.com の原文を読む。