急性白血病の有望な治療法の可能性

*この記事は ISRAEL21c-Uncovering Israel の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

Yinon Ben-Neriah教授とHebrew University of Jerusalem医学部の彼の研究チームが、急性骨髄性白血病の実験マウスに対して50%の治癒率を示す新しい生物製剤を開発した。

急性白血病に対する治療は過去40年間あまり進歩していなかったので、今回の研究は特に重要な意味を持っていると8月に発行された科学雑誌のCellでは述べられている。

 

白血病では、異常な血球(白血病細胞)が膨大な数の様々なタンパク質を産生し、これらにより白血病細胞は急増し、化学療法にも対応できる能力を得るのだ。

従来の白血病治療薬のほとんどはこれらのタンパクのみを標的にしていたが、白血病細胞はすぐさま他のタンパクに薬を不活化するような活性を与えていた。

 

それに対して、今回開発された薬は、“クラスター爆弾”のように機能する。というのは、まずいくつかのタンパクを攻撃し、そして白血病細胞が、薬を阻害することのできる他のタンパクを活性化するのを難しくするのだ。

さらにこの薬は1つで、3,4個の別々の薬の効果を担う。これは、それぞれが副作用を持つ異なる種類の薬の服用を減らすことができることを意味している。

 

 

また別のこの新薬の有望である側面として、白血病細胞を根絶する効果がある。これは白血病治療における最大の関門であって、科学者たちが白血病を根治できなかった主な理由である。

 

アメリカ企業BioTheryXは最近、Hebrew University の技術移転会社Yissumからこの有望な薬を使用する権利を買った。同社は、Ben-Neriah氏の研究チームと協力して、ヒトでのフェーズ1臨床試験のためのFDA承認を申請している。

 

この研究は、医師のMiriam氏、Sheldon Adelson Medical Research Foundation、Horizon 2020 – European CommissionそしてThe Israel Science Foundation – Centers of Excellence, and the Israel Cancer Research Fundから資金提供を受けた。

 

* ISRAEL21c-Uncovering Israelの原文を読む。