メドテックスタートアップ Aidoc のAI搭載アルゴリズムによる放射線医学の変革

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

放射線科医にAI技術の提供を行っている企業 Aidoc が、早急な治療を要する体内の急性異常を発見する独自のディープラーニング技術で画像診断学に変革をもたらすのにちょうど2年かかった。

2016年の上場からAidocは、約280,000もの画像を読み込み分析していて、ヒトの仕事のうち3,274,409分を短縮している。このように、同社の技術は大いに放射線医学のワークフローを改善し、診断過程を向上させることで人命を救っているのである。

 

他にもヘルスケア分野をターゲットにしている人工知能プラットフォームはあるが、Aidocの技術はすぐに高い評価を得た。放射線科医と協力して頭部CTで急性頭蓋内出血を発見する技術は昨年8月にFDAに承認された。

 

年間一病院あたり平均5京バイトの画像データが生み出され、そのうち使われるのは3%もないのだが、その選別のような放射線科医がする必要のないかなり時間を消費する作業をAIはこなしてくれるのだ。つまり、放射線科医の仕事がAIによって取って代わられるというような心配が最近なされているが、そのようなことはなく、AIは放射線科医がもっと効率的、効果的に仕事をするのを助けるだろうと考えられている。

 

創業者の一人であるWalach氏は、「我々の目標は日常生活において価値のあるAI機器で放射線科医をサポートすることである。そして、ヒトの生活に大きな影響を与える可能性のある製品を発売できることを嬉しく思う。我々は、放射線科医がAIにより患者を選別できるようにすることを連邦で承認された初めての会社となったのだ。」と述べた。

 

*NoCamels.comの原文を読む。