3Dバイオプリントによる肺が世界的に肺移植に利用

*この記事は ISRAEL21c | Uncovering Israel の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

イスラエルの再生医療企業 CollPlant は組織や臓器の3Dプリンティングに焦点を当てていて、Marylandの United Therapeutics と3Dバイオプリント肺移植のライセンス、開発および商品化契約に署名した。

 

この契約により、CollPlantが所有する人口タバコ由来の組み換えコラーゲン、バイオインク技術と、United Therapeuticsの子会社である Lung Biotechnology PBC の再生医療および臓器製造能力が組み合わさったのだ。

 

CollPlant のバイオインク商品は、3Dバイオプリントだけでなく、腱損傷を治療するための軟部組織修復基盤や急性、慢性の創傷の急速で最適な治癒を促進する創傷修復基盤も扱っている。

 

世界中で移植手術のための3Dバイオプリントの肺に対する最初の注目に加え、今回の契約は United Therapeutics にそのライセンスの分野を最大3つの新たな臓器を追加する選択肢を与えている。

 

United Therapeuticsの会長兼CEOの Martine Rothblatt氏は

「本来肺疾患に関連するタバコを限りない数の移植可能な肺の製造に欠かせないコラーゲンを産生する植物に変えてしまうような並外れた技術を持つCollPlantと協働することで我々はとてもわくわくしている。」と述べた。

 

契約が Israel Innovation Authority によって承認され特定の終了条件を満たすと、CollPlantは、人口肺の開発に関連する特定の運用上および規制上のマイルストーンの達成に基づいて、500万ドルの前払いと1500万ドルまでのマイルストーン支払いを受け取る。

 

*ISRAEL21c | Uncovering Israel の原文を読む。