エコー技術の進歩が医師の遠隔での診断を可能にする

 

*この記事は ISRAEL21c Uncovering Israel の記事を日本語に翻訳したものです。

 

エコー技術のアイデアは、放射線科医に体内の可動部分を動的に見せることである。ただし、今日のほとんどの超音波スキャンは技師によって行われているため、放射線技師は完全なリアルタイム画像を見るのではなく、記録された画像やビデオクリップを確認している。

 

その結果、医師は重要なことを見逃したり、超音波を繰り返したり、患者はより高価で侵襲的な画像診断を受けたりすることがある。

 

そんな中、イスラエルのスタートアップである iNNOGING  の開発した技術により、医師はキャプチャされた超音波ビデオを操作し、その場に患者がいなくても動的検査を行うことができるようになるというのだ。

その技術は、ビデオクリップを3Dモデルに変換するだけのものだという。

医師は、iNNOGINGのプローブとタブレット端末を任意のコンピュータに接続した状態で、この3Dモデルを操作する。プローブは実際の超音波検査で使用されるトランスデューサと同じだが、タブレットは患者の身体を模倣している。超音波検査の方法を知っている医師に特別な訓練は必要ない。

 

CEO兼創業者であるBaruch氏は、iNNOGINGのこの超音波シミュレータ製品が1年以内に商品化される準備が整っていることを期待している。それは規制当局の承認を必要とせず、学生のための教科書のように販売されるだろう。

「私たちの計画は、シミュレータを使用して公認のスピンオフを行い、医療用超音波分析装置に全力を注ぐことです」とBaruch氏は述べた。

その分析装置は、FDAの承認待ちのまま、3年以内に米国市場で発売される可能性がある。

また、「プロセスは複雑ではありません。私たちが提供するデータは、超音波診断装置から得られるデータと同じであることを示す必要があります」

「現在、私たちの諮問委員会に加わるために医師や放射線科医を探しています、そして私たちが拡大するのを助けるもっと多くのソフトウェア開発者を雇うため探しています。私たちがシミュレータのために議論できる興味深い合弁事業があります。」と述べた。

 

Ariel Scientific InnovationsのCEO、Larry Loev氏は、「iNNOGINGシステムは遠隔医療を促進するため、デジタル化されたヘルスケアの調達における明らかな次のステップです」と述べている。超音波は世界中でより普遍的なタイプの診断装置になりつつあるのだ。この技術は米国と欧州連合で特許を取得している。

 

先進国および発展途上国における緊急の満たされていない医療ニーズを満たすことは別として、「私たちの長期的なビジョンは、現在困難であり、現在も困難であるAIビジネスに参入するために収集するすべてのデータを使用することです。」 Baruch氏は述べた。

 

*ISRAEL21c Unocovering Israelの原文を読む。