Medial EarlySignが患者管理技術で3000万ドルの資金調達

*この記事は Globes English-Israel business news で作成されたものを日本語に翻訳しています。

イスラエルの患者管理技術のスタートアップMedial EarlySignは3000万ドルの資金調達を行なった。

資金調達のラウンドは、香港を拠点とするHorizo​​ns Venturesと共同設​​立者Nir Kalksteinの参加を得て、Marius NachtのaMoon Fundが主導で行われた。同社はこれまでに5000万ドルを調達している。

Hod Hasharon近郊のKfar Malalを拠点とし、チェアマンのOfer Ariely氏、CEOのOri Geva氏、CTOのNir KalksteinによってMedial EarlySignは創立された。同社は、機械学習をベースとし、患者管理を向上する技術を開発した。

同社は、命に関わる病状の患者をできるだけ早く(しばしば症状が出るよりも前に)見つけることでケア管理の機会を向上するというリスク予測を医療従事者に提供するAI搭載のソフトウェアツールを開発している。

具体的には、Medial EarlySignの技術は、既存の血液検査結果と電子健康診断書を用いて、患者の健康を向上するベストな方法を提供する。

この資金は、同社のソリューションを拡大し、臨床研究とその技術のグローバルな実装を拡大するために使用される予定である。

Medial EarlySignは、進行中の臨床データ研究において、14の施設で2000万人以上の患者がいると述べた。

*Globes English-Israel business newsの原文を読む。