イスラエルファンドAccelmedの成功した投資モデル

*この記事は Globes-Israel’s Business area の記事を翻訳して作成しています。

医師のUri Geiger氏とArkin Mori氏によって運営されているイスラエルファンドAccelmedがこれまでにないくらいの成功を収めた。というのは、その基金の26.7%を担っている Cogentix Medical Inc.が、カナダのLaborie Medical Technologies に2億4200万ドルで売却されたのだ。

「1年前にAccelmedによって買収された時点で、Cogentixは2つの製品を市場に出していました」とGeiger氏は述べている。

「年間収入は数千万ドルでしたが、Lewis Pell氏(※)には2500万ドルの負債がありました。組み合わされた契約では、AccelmedはCogentixに2500万ドルを投資し、Pell氏は負債を株式に転換しました。取引が行われた後、当社が他の企業を買収する前でさえ、私たちはマーケティングにもっと投資するために債務の不足を利用しました。米国の営業チームを40人から55人に拡大し、ヨーロッパにさらに10人の営業員を派遣しました。会社は有機的に成長し始めました。

※Cogentixのまた別の投資家で、1990年代後半と2000年代前半のイスラエル医療機器企業の主要な投資家である。Pel氏は、Accelmedがその株式を買収したのと同じ取引において、同社への貸付を株式に転換した後、Cogentixの基金33%を保有している。

「当時、膀胱刺激の主な製品は、販売されていたMedtronicの同様の製品の脅威にさらされていましたが、投資の助けを借りてCogentixが盛り返し、最終的にMedtronicは全販売チームを解雇し、事実上競争をあきらめた。」とまた、Geiger氏は述べた。

それと同時に、Cogentixは耳鼻咽喉科事業を終了し、泌尿器科にもっと集中する戦略を取った。その戦略とマーケティングへの投資の増加の後、買収が始まり、Cogentixはフランスの泌尿器科ステント会社と、イギリスの市場でさまざまな泌尿器科製品を販売していた会社を買収し、足場を確立した

2017年10月、CogentixはイスラエルのVensica社を800万ドルで買収した。 Vensicaは、超音波によって膀胱壁に薬剤を送達するための装置を開発していた。(その製品はまだ市場に出回っていない。)

*Globes-Israel’s Business areaの原文と続きを読む。