イスラエルのBrainTechスタートアップまとめ8選


*この記事は Nocamel.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

イスラエルのBrainTech企業は脳研究の最前線に立っており、Shimon Peres氏は、2013年イスラエルで始まったBrainTech会議にてその分野での同国の強みを反映し、それによりイスラエルおよび世界的な科学者と企業が脳の研究と技術のさまざまな開発について話し合うようになった。これは、世界中の脳の病気に苦しんでいる20億人の人々を救うためのイスラエルと世界での努力を導くという彼のビジョンに基づいて設立された。

 

 

共有コミュニティを通じて革新的な治療法の開発を促進するPeresの夢を共有し、2013年、2015年、2017年に2年ごとのBrainTechカンファレンスを開催した非営利団体Israel Brain Technologies(IBT)は、2013年2015年2017年にbiennial BrainTech conferencesを開催し、また革新的な脳スタートアップ、ミートアップ、賞金プログラム、投資家とメンターのネットワーク、および脳リソースとデータベースのための中枢を含む、脳技術に焦点を当てる数多くのプログラムを主催している。

 

 

現在、IBTは、パーキンソン病、アルツハイマー病、うつ病およびその他の脳に関連する病気や外傷を扱うイスラエルの脳技術企業の数が100〜120に及ぶとしている。その多くは、アメリカなどの世界の他の地域の企業と提携しており、神経疾患の治癒を求める新興企業や学術機関を支援しているのだ。

 

イスラエルの脳の技術は多様である。それらは、神経損傷を患っている患者の治療から日々の仕事を改善すること、脳修復の医療専門家を支援することまで様々である。この有望な分野の最高の革新の背景にある8つのイスラエル企業を見てみよう。

 

1.BrainQ

BrainQは、モーターシミュレーションセンサーを介して神経系の損傷を特定するプラットフォームを作成した。Analytics Insight によると、この技術は、物理的な作業中に記録された脳波記録(EEG)データを使用して、神経系の問題のあるパターンを特定する。このデータは、電磁的処理を生成するアルゴリズムに適用される。

 

同社は、珍しい脳症に苦しんでいるSegal氏の17歳の息子の治療法を見つけるために、Yaron Segal氏、Yotam Drechsler氏そしてEsther Shohami氏によって設立された。エルサレムに本拠を置く同社は、2018年5月に530万ドルを調達し、総資金調達額は880万ドルに達した。Jerusalem equity crowdfunding platformであるOurCrowdによって2016年に開始された、イスラエル初の独占的デジタル・ヘルスファンドであるOurCrowd Qureの主要な投資の1つである。

 

2.BrainMARC

同社の製品はヘッドセットを使用して、脳が上手くかみ合っているかの指数を生成する。これは、認知訓練中の患者の注意力レベルを表す。これにより、医師は認知障害の回復を評価し、ADHDやうつ病などの脳損傷から治癒する患者の治療セッション中に介入することができる。まだ開発中だが、BrainMARCは心理学、信号処理、神経系の20年の研究に頼っている。

 

 

3.ElMindA

同社は、脳の区域間の伝達を追跡するヘルメットのようなデバイスを使用している。これにより、7000を超える機能の神経ネットワークマップが作成され、患者の治療計画の策定に役立っている。

Herzliyaを拠点とする同社はアメリカとイスラエルで事業を展開しており、2015年11月にシリーズCの資金調達ラウンドで2800万ドルを調達したことが最後に報告された。また同社は世界経済フォーラムによって49の最も革新的な新興企業に選ばれた。これは2001年にGoogle、2010年にTwitterなどが過去に選出されている。年次賞は、「企業や社会に重大な影響を及ぼすと思われる企業」に与えられている。

 

4.BrainsWay

BrainsWayは、脳の前頭前野の灰白質を刺激するために深い経頭蓋磁気技術を使用している。この非侵襲的方法は、強迫性障害(OCD)、統合失調症、双極性障害および自閉症を含む様々な疾患に取り組むために、8の字のコイルを使用している。

5月には、重症のうつ病(MDD)の治療のためにBrainsWayの深部経頭蓋磁気刺激(Deep TMS)システムに組み込まれる新しい刺激装置について、米国食品医薬品局(FDA)から50万の承認を受けたことを発表した。

 

5.Aidoc

Aidocは、病気の存在を発見するために臓器の医学的な画像を解析する人工知能搭載のソフトウェアである。これは、脳、脊椎、腹部および胸部における、神経集合、体液流量および骨密度などの特定のパラメータを介して、放射線技師が問題点検出を迅速に行うことを支援する。

Guy Reiner氏、Elad Walach氏、Michael Braginsky氏が2016年に設立したこの会社は、2017年4月にシリーズAの資金調達を7百万ドルで終了し、現在までに1050万ドルを調達した。そして12月にCEマークを取得した。

 

6.Brainvivo

しばしば、医学専門家でも低解像度のMRI画像で病気の場所を特定するのに苦戦する。Brainvivoは、画像上での水分子の動きを追跡することでこの問題を解決する。神経繊維の直径や脳の皮質の層数などの表示を通じて、患者の神経の状態を評価する。

Assaf Horowitz氏とYaniv Assaf氏によって設立されたBrainvivoは、BrainTech 2017のpitch competitionでファイナリストであった。また、イスラエルのMixiii-Biomedでスタートアップコンペティションに参加するために、Israel Innovation Authorityに選ばれた10個のファイナリストのうちの1つでもあり、6,000名を超える医療従事者、 45カ国の科学者、エンジニア、投資家が参加している。

 

7.Intendu

より顧客中心のソリューションであるIntenduは、患者のリハビリを改善するために複雑な現実のシミュレーションに使用者を配置するソフトウェアを開発した。それは統合失調症、うつ病およびアルツハイマーに起因する脳機能不全に苦しむ人々に適用されている。

2012年にSon Reminger博士とBarak Blumfeld博士が創設したこの技術は、反応抑制、分裂注意、自己開始、作業記憶、認知的柔軟性、計画、持続的注意など8つの認知スキルを対象とした物理的練習を通して患者をガイドするコンソールを備えている。

 

8.Cognifit

スマートフォンだけで、誰でも脳の形を保つように設計されたアプリケーションであるCognifitを使用できる。週に3回、20分間、マホンやニューロンの狂気などの空間的な認識、注意、手の調整、計画のスキルを促進するような所定の活動を誘導する。

アプリはまた、個人ごとにカスタマイズされたトレーニングを提供するように設計された強度と弱さのプロファイルを作成する。

心理学者のShlomo Breznitz教授によって1999年に設立されたこの技術は、脳卒中、化学療法、および多発性硬化症から回復する人々にも役立つ。

 

*Nocamel.comの原文を読む。