イスラエル全土で医療画像AIソリューションを展開するZebra Medical Vision

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成したものです。

イスラエルのスタートアップである Zebra Medical Vision は、革新的な医療画像AIソリューションを、イスラエル最大の病院の1つである Tel Aviv’s Ichilov やイスラエルの保健維持機構で最も大きい Clait Health Services と次に大きい Maccabi Healthcare Services にて展開し始めようとしている。この3つの医療機関はイスラエルの患者の約90%を管理している。

Eyal Toledano氏、Eyal Gura氏、Elad Benjamin氏らによって2014年に創設されたこの会社は、医療画像を読み込み、自動的に異常を発見するAIを利用している。その革新的な開発と11の異なるアルゴリズムを通して、乳がんや骨粗鬆症、脂肪肝、脊椎骨折、動脈瘤、脳出血などの病変の視覚的な異常を認知する。

従来のコンピュータ支援診断(CAD)技術は、今までに多数の誤検知を呈したことにより失敗に終わった。しかしAIが画像スキャンの ‘再読’ の過程で新たな洞察をもたらすことができると期待されている。

具体的には、この技術により、緊急時に迅速な診断ができたり早期診断により予防的な治療ができたりするという患者側へのメリットと、作業を効率化したり治療に移るまでを早くしたりするという医療者側のメリットが期待されている。

Zebra Medicalは、さまざまなアルゴリズムに7つのCEマークを、そのうちの1つは510(k)FDAの認可を受けている。また、 5年前の設立以来、5000万ドル以上のベンチャー資金を調達している。

2017年、Zebra Medicalは多国籍企業の大手Googleと提携してGoogle Cloudでそのアルゴリズムを提供したため、アメリカの病院や医療専門家は1スキャンあたり1ドルでこのサービスを利用できる。同社は、自社のデータおよび研究プラットフォームによってすでに何百万もの画像でAIイメージングを行ったと報告している。

この受賞歴のある同社はまた、Business Insider、Forbes、およびFast Companyによって特に革新的であると評価されている。

*NoCamels.com の原文を読む。

One thought on “イスラエル全土で医療画像AIソリューションを展開するZebra Medical Vision

Comments are closed.