イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年1月下半期編

医療機器セキュリテイMedigateが1500万ドルの資金調達Globes-Israel Business Arena

「IoMT」(Internet of Medical Things)デバイスのセキュリティーやマネジメントプラットフォームを開発しているイスラエルスタートアップMedigateがシリーズAラウンドで1500万ドルの資金調達を行なった。リードインベスターはUS Venture Partnersで、そのほかにYL VenturesBlumberg Capitalより投資を受けた。今回のラウンドでこれまでの調達合計額が2040万ドルとなった。

原文:Medical device security co Medigate raises $15mh

Assutaが1億5000万ドル規模のヘルスケア特化VCファンドを設立【Globes-Israel Business Arena

イスラエルのHMO (Health maintenance organization)の一つMaccabi Health Servicesが経営している病院・クリニックチェーンAssutaグループが医療機器開発に取り組んでいるレイターステージの企業に投資するファンドを組成した。ファンドのファーストクロージング金額5000万ドルのうち3700万ドルはすでに調達されており、残りの最初の合計は第1四半期に完了する見込み。このファンドは2019年半ばまでに1億5000万ドルに達する予定。

原文:Assuta to raise $150m VC health fund

循環器系医療機器スタートアップLaminateが1200万ドルの資金調達【Globes-Israel Business Arena

イスラエルの医療機器ベンチャー企業Laminate Medical Technologiesは、今回のラウンドで日本の大手透析装置メーカー旭化成メディカル株式会社、米国のTal Capital、およびMickey Boodaei 、Shai Agassi、Yuval Tal、Meir Barelなどの個人投資家から、1,200万ドルの資金調達をした。このラウンドにより、同社の調達総額は2400万ドルになる。

2012年にCEOのTammy GilonとDr. Eyal Orionによって設立されたLaminateは、透析を必要とする患者に埋め込まれる血管支持デバイスを開発。

原文:Israeli vascular support co Laminate raises $12m