Healthymizeが健康を管理するため “声”を分析する技術を利用

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

近年のデジタルヘルスは、遠隔患者モニタリングおよび診断を提供する製品およびサービスの増加の傾向にある。 一般に「Telehealth」または「Telemedicine 」と呼ばれ、2022年までに640億ドルに達すると予測されている市場であり、スマートフォン、コンピュータ、または医療機器を介して医師や専門家にもっと便利に素早くアクセスすることができるというものだ。 特に遠隔地や農村地域の人々にとって重要となる。

イスラエルのスタートアップ Healthymize は、この分野で大きな進歩を遂げている。 同社は、パーソナライズされた人工知能ベースの音声分析ソフトウェアを使用して、喘息、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの “声”に影響を与える疾患の遠隔患者管理デバイスを開発した。 それは、慢性的な患者を管理するために労働集約型の電話管理を自動化し、医療専門家がいつでも患者の発話を評価できるようにした。

詳しい仕組みは、アプリを通じて、患者から提出された音声サンプルを分析し、咳、息切れ、および痰の産生を特徴とする、差し迫った症候の可能性がある異常を検出するというものである。 発症の診断の遅れが即時入院を意味する可能性があるので、モニタリングは “声”が変わる状態にある患者にとって不可欠である。

異常が検出された場合、医療チームはシステムを介して警告されるため、できるだけ早くケアを施すことができる。 Healthymizeは、目標は「在宅ケア、慢性的なケア管理、および再入院予防のための音声モニタリングソリューションを提供すること」であると述べている。

過去2年間で、Healthymizeはこのソリューションを市場に投入するための進歩を遂げてきた。2018年10月には、米国の大手ヘルスケア企業の1つであるHenry Ford Healthcare Systemsにおいて、約50人の応募者を獲得し、その画期的な技術の研究開発に資金を提供するために、Henry Ford Health System AI Challenge を勝ち取った。

Henry Ford Innovation InstituteのCEOで、Henry Ford HospitalのChairman of Surgery and Surgeon in Chief であるScott Dulchavsky氏は、「Healthymizeには、心臓病や精神疾患など、その他の病気にまで拡大し、発見できる可能性がある。 私たちの医師は、彼らとパートナーを組んで、市場にある既存のスマートホームベースのパーソナルデジタルアシスタントと連携しながら彼らのデジタルヘルスプラットフォームを適応させることにわくわくしている。」と述べる。

固定電話のユーザーでも、すでにHealthymizeの技術がインストールされている別の機器を使用することによって音声サンプルを録音および分析できるため、このソフトウェアの恩恵を受けることができる。 これはスマート機器を持っていない高齢者にとって重要である。 Henry Ford Hospitalの患者はすでに「自分のバイタルを管理するタブレットを装備しており、私たちのソフトウェアは彼らの声のパターンについての情報を追加するでしょう。」とRosenfeld氏は説明する。

Healthymizeを使用すると、バイタルサインの管理に加えて、既存の管理システムに音声テクノロジーを組み込むことができる。このシステムにより、看護チームは、健康状態に応じて、すべての患者を緑色、黄色、または赤色にランク付けするダッシュボードにアクセスできる 医療チームは、患者の名前をクリックするだけで、脈拍数、体温、声質などの情報に簡単にアクセスできる。また、手助けが必要な場合はすぐに対応できるというのだ。

*NoCamels.com の原文を読む。