VR、ARを駆使して医療を変えるイスラエルスタートアップ5選

*この記事は NoCamel.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

RealView Imaging Ltd. 

RealViewは、医療ホログラフィーを使用して外科手術の分野を変えようとしている。同社が所有するDigital Light Shaping技術は、進化した3D視覚化機器 HOLOSCOPE-i を提供している。これは、空間的に正確な3Dモデルを作り出すことにより使用者に現実的で自然な体験を与える世界初の医療ホログラフィー機器である。実際の現場では、侵襲度が高く試せない手技でもリアルタイムで3Dモデルを操作することによりできるというのだ。

Augmedics

Augmedicsは、複雑な手術中に外科医に “X線画像”を提供する脊椎手術用の軽量ワイヤレスARヘッドマウントディスプレイであるXvisionを開発した。これは脊椎の各自の明確な視覚化そして外科ナビゲーションを可能にするのだ。 脊椎変性疾患、脊椎変形の矯正、腫瘍切除、および一般的な脊椎外傷の症例に取り組む外科医にとって便利である。というのも通常、患者の画像所見を確認するとなると作業場所から目をそらす必要があるが、これには、着用しているゴーグルの中や、ちょうど作業をしている目の前にすべての画像ガイダンス情報が含まれているのでもはや目をそらす必要はないというのだ。

VRHealth

VRHealthは、XR(複合現実)技術を使用して医療および健康アプリケーションを開発している。 同社のプラットフォームは、AIクラウドコンピューティングアルゴリズムを使用してリアルタイムのデータ分析と洞察を使用者や臨床医に提供することで、仮想の物体や環境とのやり取りを収集および分析する。その製品は、運動認識、身体的・心理的なリハビリテーション、姿勢能力、そして家庭での使用と医療施設のための痛みの評価と治療、に焦点を当てている。その臨床的解決策は、2つの製品に分類される。VRRelieverは、イメージを介してリラクゼーションを改善しながら、患者が痛みと不安を切​​り離すことができるようにするプラットフォームで、VRPhysioは、米国内の30以上の病院で現在展開されているFDA登録アプリケーションのバンドルを使用したリハビリテーションのための医療プラットフォームである。

最近、VRHealthは、CEマークを取得した後、ヨーロッパ連合で医療施設向けの最初のVR医療プラットフォームを提供することを発表した。同社はVRヘッドセット会社であるOculusと提携しており、Oculus GoとRiftを介してソリューションを提供している。

Calma

イスラエルの会社Calmaは、感覚処理障害を患っている自閉症スペクトラムの子供向けのVR強化治療環境を提供している。治療は、アニメーション、サウンド、および音楽が豊富な、水中の模擬環境で行われる。 治療中に、治療者がリアルタイムで子供の反応に応じて刺激物(音楽を含む)を追加、緩和または除去することができる。 目標は、聴覚刺激と視覚刺激をより適切に処理し、感情的なバランスをとるため、感覚調節システムを訓練することである。

SeeMe

SeeMeeは、リハビリプロセスをより簡単に、より効果的に、そしてもっと楽しくするために様々なVRアプリケーションを開発した。同社は、ISO、CE、およびイスラエルの認証を取得したクラスIの医療システムとして定義されていて、このシステムは2009年から臨床用に利用可能になっている。それは治療的なカスタマイズ可能なタスクとインタラクティブなゲーム(Kinect技術)を組み合わせて、患者が体力を回復させ、運動と記憶の質を改善すると同時に、リハビリに参加する動機を高める。 このシステムは、脊髄損傷、筋萎縮症、多発性硬化症、骨折、脳性麻痺、パーキンソン病、バランス障害など、さまざまな症状に対応するように設計されている。

*NoCamel.comの原文を読む。