患者に触れず熱傷を治療する先駆的なイスラエル医療機器

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

Nanomedic Technologies Ltd は、熱傷を負った人が治療の包帯の付け替えに伴う耐え難い痛みを回避するのを助ける、特大グルーガン状の画期的な医療機器を開発した。

同社が開発したSpinCareデバイスは、介護者からの接触なしに、組織修復と治癒のためにその場でナノファイバー層を作り出す携帯型創傷治療システムである。 この機器はヨーロッパおよびイスラエルの病院で使用されており、2019年後半には商用市場で発売される予定だ。

Nanomedicは、一時的な皮膚層、治癒過程を通して創傷上に残る保護層を現場で製造することと、大型機械から携帯用のベッドサイドの商品化された機器にエレクトロスピニング技術を縮小することにおいて唯一の会社である。医療機器の開発および商品化において20年以上の経験を持つBarak氏は、同社はCEマークにFDAの承認を追加する意向であると語っている。

傷に触れることがないので感染のリスクは減らすことができ、また取り替える必要がないのでその際に生じる痛みを回避することができる。

バイオ医薬品企業であるMediWoundは、重度の熱傷および創傷管理における革新的な治療法で有名で、 10月に同社はマスタードガス傷害の治療のためのその主力製品を開発するため米国の生物医学先端研究開発局(BARDA)と4300万ドルの契約をしたことを発表した。

イスラエルが開発したレーザー技術は、熱傷の体への壊滅的な影響を減らすことが期待されていて、アメリカを拠点とするBurn Advocates Networkの創設者Samuel Davis氏が、Sheba Medical CenterのNational Burn Centerの一部として Israel Pediatric Aesthetic and Reconstructive Laser Surgery Center of Excellence (I-PEARLS)を創立した


I-PEARLSは、小児熱傷治療のためのレーザー治療における治療を変えていく。研究、教育、イスラエルの専門知識の共有の施設としてのShebaの伝統は、新しいセンターによって共有される使命であるとDavis氏は述べている。

*NoCamels.com の原文を読む。