医療機器に対するサイバー攻撃を防ぐイスラエルの研究

*この記事は Jewish Press.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

レントゲンやマンモグラフィ、MRI、CTなどの医療画像機器は診断や治療に欠かせない存在で、今やそれらは病院のネットワークシステムで繋がれている。つまり、それらはサイバー攻撃の対象になる可能性があり、上手く動作しなくなったり、極端な場合、患者に害を与えたりすることにもなりかねない。

Ben-Gurion University of the Negevの博士課程でありサイバー領域の研究者であるTom Mahler氏は、「我々の研究の最近の段階は、機器に元々記録されている本物のコマンドを利用して、外部からの悪質なコマンドを発見するというAI技術を使用した、実行する前に止め、警告音を出すシステムの開発に焦点を当てている。」と述べる。

他の同じようなシステムでは病院全体のネットワークシステムに焦点を当てているものが多いが、彼らのものは機器単体に焦点を当てている。次のステップは、より多くの画像を様々な機器や現場から集めて、より正確なモデルを作成することである。

*Jewish Press の原文を読む。