イスラエル政府が医療用大麻の輸出へ青信号

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエル政府が長年待ち望まれた医療用大麻の輸出に関する法を承認して、イスラエルが医療用大麻輸出の先導的な存在となり、2022年までに330億ドルにまでなると期待されている領域への参入の準備が整ってきている。

長い審議の結果、保健、財政、治安、外交、観光、農業の各省庁の職員で構成された省庁間委員会が、医療大麻を他の製品と同様に医療製品に変えるという条件下で輸出が許可されるよう推奨することとなった。

イスラエル政府の調査によると、医療大麻の輸出は年間10億ドルの収入をもたらすと見込まれている。 2年前に政府が改革を発表して以来、約400人のイスラエルの農家が大麻栽培の許可を申請し、242人が予備承認を受けた。また、大麻の配布を求める大麻苗床で約200件、大麻薬局の設立で95件、加工施設で60件、および大麻製品を販売する店舗の開設で44件の申請があった。

イスラエルでの大麻の娯楽的使用はまだ合法ではなく、改正された法律により、輸出用の大麻の生産と配達を監視、追跡、管理し、その流出を防ぐための予算を警察に提供されることとなった。今回の承認は、とてつもない経済効果をもたらし、イスラエルの農業と技術産業を強化する論理的かつ必要な動きとなるだろう。

*NoCamels.com の原文を読む。