AidocがAI搭載の放射線画像分析器で3つ目のFDA承認を取得

*この記事は NoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

放射線スキャンで頸椎骨折のトリアージを行うAI技術ソリューション C-spine でFDAを取得したとAidocは 先月報告した。

これはAidocの3度目のFDA認可である。先月、同社は胸部スキャンで肺塞栓症(PE)の症例を発見するソリューションで承認され、そして脳出血画像をスキャンする技術で以前に承認を受けている。同社はまた、CT肺血管造影図におけるPEの識別およびトリアージの技術でCE(ConformitéEuropéenne)マークを有する。

共同創設者でCTOのMichael Braginsky氏は 「私たちのC-spineソリューションは、ばらつきがあることにより脊椎骨折を検出することが困難であるために私たちができる限界をテストしました。」と述べている。

Aidocは、放射線医学のワークフローを改善することを目指している。Applied Radiology誌によると、放射線科医はCTやMRIの増加により現在、作業負荷の要求を満たすために3〜4秒ごとに1つの画像をレビューする必要があるという。

同社はこれまでに約4,000万ドルの資金を調達している。

*NoCamels.com の原文を読む。