Zebra Medicalが胸部X線AI機器でFDAを取得

*この記事は REUTERS の記事を日本語に翻訳して作成しています。

Zebra Medicalが今回取得したFDA承認は、気胸の緊急の発見に関する警告機能に焦点を当てており、同社は、かかる時間を短縮し、この診断を行う上での放射線科医の自信を高める可能性を実証したと述べた。 気胸は、肺と胸壁との間での気体の蓄積であり、これにより肺が完全に虚脱する可能性がある。通常、胸部X線で診断されますが、読影は容易ではない。

気胸の誤診や診断の遅れは、年間約74,000人のアメリカ人に影響を与えていると同社は述べ、Zebraは5,000万ドルを調達し、その主な投資者は、Yair Schindel氏とMarius Nacht氏によって設立されたaMoon2ヘルステックファンドである。その他の投資した企業にはは、Khosla Ventures、Marc Benioff、Intermountain Investment Fund、OurCrowd Qure、Aurum、Nvidia、Johnson&Johnson、Dolby Venturesなどがある。

*REUTERSの原文を読む。