イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年7月前編

米イスラエル共同ファンドBIRDが$8.2Mを9つのプロジェクトに投資【nocamels】

米イスラエルの二国間産業研究開発財団(BIRD )は、精密農業・灌漑・ゲノムデータの解析・医薬品開発などの多方面の分野において、アメリカとイスラエルの企業間で9つの共同プロジェクトに820万ドルを投資すると発表した。

米国とイスラエルの企業間のコラボレーションを促進するイスラエルに拠点を置く同財団は、今年初めにある声明を発表しており、その声明によれば、1977年の設立以来、982件のプロジェクトに合計3億5,000万ドル近くを投資してる。その最新の投資には、農業技術・クリーンテクノロジー・ヘルスケアIT・メディア・コミュニケーションの分野のプロジェクトが含まれる。

原文:US-Israel Foundation To Invest $8.2M In 9 New Joint Project 


医療機器を開発するInmodeが$75Mの資金調達を開始【Globes Israel’s Business Area】

Syneronの創設者の1人であるMoshe Mizrahy氏が投資を行った企業グループのエステ医療機器会社であるInmodeは、Nasdaqで7,500万ドルの資金調達をしようとしています。同社は4億〜5億ドルの企業価値の獲得を目指していると考えられています。Nasdaqにおける新株発行は、共同ブックランナーとしてBarclaysUBS、リードマネージャーとしてCanaccord Genuity、共同マネージャーとしてBairdが務め、それらのセクターによって率いられている。

Inmodeは、同社が開発した新しい技術を使用して、皮膚を傷つけにくいエステを提供し、加えて効果的な医学的治療を実現するための光、レーザー、および無線周波数ベースのデバイスの開発を行う企業だ。

原文:Medical device co Inmode seeks $75m in Nasdaq IPO 

InModeのプロモーション・ビデオ

Israel Biotech Fund(IBF)が第2ファンドの初回のクローズを報告【Globes Israel’s Business Area】

Israel Biotech Fund(IBF)は、2番目のファンドの1回目のクローズを発表した。今回のクローズの規模と範囲は明らかにされていないが、おそらくIBFの最初のファンドである7000万ドルを調達したものと同様だろうとされている。IBFは、Tevaで会長を務めるSol Barer氏の支援を受けて設立され、David Sidransky博士、Yuval Cabilly博士、およびIdo Zairi氏によって管理されている。

IBFは、2015年にイスラエルの医療会社のためのメンタークラブの開発を目的としてBarer氏によって米国に設立されました。同クラブは、医療業界の主要人物で構成されていた。IBFには、25を超えるベンチャーアドバイザーのチームがあり、グローバル製薬業界のリーダーであり、その一部はIBFが投資する企業の取締役会に参加している。

原文:Israel Biotech Fund reports first closure of 2nd fund 


Filterlexが同社の塞栓予防器具開発へ向けて$3Mを調達【nocamels】

次世代の塞栓防止装置を開発しているイスラエルのスタートアップ企業であるFilterlex Medicalは、シリーズの資金調達ラウンドを完了し、総額300万ドルの資金調達を完了した。

ヨクネムを拠点とする同社は、カテーテルを基本とした構造的心臓手術中に起こる可能性がある脳卒中やその他の合併症のリスクを軽減するCaptis 塞栓保護デバイスを開発した。

Captisは、パリで開催されるEuroPCR 2019イノベーションコンペティションで最高のイノベーション賞を受賞し、心臓血管医療の開発に焦点を当てた個人や企業を支援するJon DeHaan Foundationから20万ドルの助成金を授与された。

原文:Israeli Medical Device Startup Filterlex Raises $3M For Its Embolic Protection Device  

CAPTISのプロモーション・ビデオ