MedtronicがCathWorks社の製品を販売することに合意

*この記事は Globes-Israel Business Newsの記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエルの医療機器メーカーのCathWorksは、カテーテル治療中の非侵襲的な冠動脈画像技術を開発し販売している。同社は、心疾患の治療でステントを使う必要があるかないかを判別する能力があることを示す試験結果を公表した。

今年の序盤にMedtronicは、AlphaOmegaと販売契約を結んだ。

参考:https://israelmedtechpost.com/2019/09/14/medtronic-to-market-alpha-omega-neurosurgery-device/

また1ヶ月ほど前に、現在Philipsに所有され、イスラエルから運営されている不整脈治療のガイド機器を販売しているEDPとも契約を結んだ。つまり今回の契約はMedtronicにとって今年3度目の契約となる。これは国際的な大企業であるMedtronic とイスラエルのtつながりが強まることを意味し、また若い企業との契約に署名することに対する企業の新しい姿勢を示している。

これらの契約により、Medtronic は自社の医療機器のガイドに使用される医療画像機器の販売の権利を取得している。このようにして、自社の機器とパートナーの画像機器をアップグレードしながらも、医師により魅力的な全体的な商品を提供でき、そして彼らは協力して仕事をすることができる。Mazorで起こったように、これらの契約の1つが将来の買収につながる可能性がある。 共同販売により、Medtronicは顧客が製品に帰する真の価値を理解し、協力している企業の活動を内部から見ることができるのだ。

*Globes-Israel Business Newsの原文を読む。