デジタルヘルス企業GlucoMeが糖尿病サポート技術でCE承認

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエルのデジタルヘルス企業GlucoMeは今年の6月に、新しい糖尿病サポートシステム(Diabetes Decision Support System 以下 DSS)がCE承認を受けたことを報告した。

DSSは、2型糖尿病患者の治療を改善するため、患者のデータをリアルタイムで分析する、アルゴリズムを基盤としたソフトウェアである。また、急激に変化する非特異的な問題に対する判断を容易にする。

現状ガイドラインは初期治療の3〜6ヶ月以内に薬物の強化を義務付けているにもかかわらず、多くの場合遅れており、糖尿病の管理の悪化と合併症につながっていると同社は述べた。しかし、GlucoMeのDSSは、個別化された治療の推奨を可能にし、患者に対するタイムリーな薬物強化をすることができる。

この糖尿病管理プラットフォームは、完全に自動化する予定であり、無線血糖モニター、モバイルアプリ、クラウドベースの管理、医療従事者向けの制御ソフトウェア、Control Towerアラートシステムが含まれているという。

*NoCamels.comの原文を読む。