イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年8月前編

SeedoがMOUで家庭内栽培デバイスのリースビジネスを開始【nocamels】

全自動で医療大麻栽培を屋内で実現することができるデバイスを開発・提供するスタートアップで知られるSeedoは、Seedo家庭用デバイスに対して消費者がアクセスしやすくする為に3,000万ドルの融資限度額を確保するための覚書(MOU)に署名したと発表した。Seedoによると、MOUは法的拘束力を持たず、当事者集団は60日以内に最終的な契約を締結する予定だ。

同MOUを元にした契約を完了することによって、同社はこの商業信用枠を使用し、自家栽培ユニットのリースビジネスモデルを立ち上げる予定だ。顧客は、現状と比べて 少額の頭金と毎月のリース料金を支払うことができるようになり、より多くの人やあらゆる層の人がサービスを使用することができるようになる。

Seed社 プロモーションビデオ

原文: Cannabis Startup Seedo Secures $30M Credit To Lease Home Cultivation Device 

SofWave Medicalが840万ドルを調達【Globes Israel’s Business Area】

イスラエルの美容医療会社SofWave Medical Ltd.は、XT Hi-TechDr. Shimon Eckhouseが率いた840万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたと発表した。 Yokneamを本拠地とする同社は、人の肌を引き締めるためのソリューションとして、肌を傷つけることのない超音波技術を用いた治療法を開発した。

同社の超音波治療は、過去4年間に同社が開発した独自の技術に基に研究開発されている。 この独自の技術により、熱損傷を制御する超音波トランスデューサーの配列を使用することで、皮膚(真皮)またはより深い層内の層を高確率で正確に治療することを可能にし、皮膚の引き締め、しわの低減、および肌の見栄えを向上させることができる。

同社が60人の患者を対象にして米国の主要な皮膚科医と行なった臨床研究は、患者へのダウンタイムがなく、優れた安全性プロファイルを備えているという臨床結果を残している。

原文: Skin tightening cosmetic co SofWave Medical raises $8.4m

ドイツのロボティクス会社Siemens HealthineersがCorindus Vascular Roboticsを買収【nocamels】

イスラエルで設立された精密血管ロボットの開発者であるCorindus Vascular Roboticsは、ドイツの医療ロボティクス会社である Siemens Healthineersに買収されることで最終的な正式契約を締結した。

契約に基づき、Siemens Healthineersの子会社であるSiemens Medical Solutionsは、Corindus社の発行済み株式、および外部投資家が所有する発行済み株式すべてを一株につき現金4.28ドルで取得する。買収手続きは、2019年の第4四半期に完了すると予定されている。

同社は、遠隔操作とロボット技術を駆使して、冠動脈ガイドワイヤーと風船治療・ステント治療で使用するカテーテルを動かすことを実現するために研究開発を進めている。

原文: Israeli-Founded Firm Corindus Vascular Robotics To Be Acquired By Siemens For $1.1B