スマホのワンタップで命を救うイスラエルの救命テック SayVU

*この記事は NoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

Amotz Koskas氏、Alex Rivkin氏、Dror Matalon氏らによって2014年に設立された SayVU Technologies は、個人そして公共の安全のために緊急時の反応時間を短くし、使用者が可能な限り迅速に関連性の高い効果的な支援を受けられるようなプラットフォームを開発した。

この技術は、スマートフォンが仮にロックされている状態でも電話をかけることなく使用者が事故や事件に遭ったことを報せることを可能にする。また、スマートフォンを振ったり、カメラボタンを数回押したりなどの動作をあらかじめ設定しておくことで、それをすることで緊急事態についての情報をSayVuが認識し、伝えることができる。

SayVUは、世界中の様々な企業と協力し、より安全な労働環境を生み出そうと開発している。

具体的には、ワイツマン科学研究所と協力してGPS位置情報やネットワークがなくても労働者、研究者、学生たちの危機的な状況を判別し報告することができる技術を導入したり、南米では公共の交通機関の運転手が強盗や襲撃に遭った場合に使用できるボタンを開発したりした。

そして現在SayVUは、高層ビルの高い場所で働く人々の命を救うことのできる技術の開発で、アメリカの通信大手AT&Tとの契約を完了させようとしている。そのプラットフォームは、落下中に携帯電話がひっくり返ったり回転したりすることで、識別が複雑な自由落下の速度を測定できるというユニークな機能を持っている。

SayVUの主な使命は、使用者の環境と状況を理解し、完璧な報告をして、数秒以内に事件の詳しいスナップショットを反映することに重点を置いた高度な技術を開発し続けることである。

*NoCamels.comの原文を読む。