イスラエルのCheck-Capのカプセル内視鏡試験が成功

*この記事はGlobes-Israel Business Arena の記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエルの医療診断会社Check-Capは、C-Scanの臨床性能と安全性を評価した(最近得たCE承認後の)試験の肯定的な最終結果を発表した。 C-Scanとは、前癌性ポリープの検出による結腸直腸癌の予防のための製剤を使用しないカプセルベースのスクリーニング法である。

多施設の家庭モニタリング研究は、一般的に使用されている免疫学的便結腸直腸癌スクリーニング検査(FIT)と比較し、C-Scanのスクリーニング検査の性能特性を測定するために設計された。いずれの場合も、大腸内視鏡検査が参照方法として使用された。

結果は、C-Scanが、FITの23%と比較して、全患者の66%で正確な診断を達成し、また重篤な有害事象は報告されておらず、有害事象の重症度は軽度であった。

Check-Capは現在、ニューヨーク大学医学部とメイヨークリニックでC-Scanシステムの安全性、使いやすさ、被験者のコンプライアンスを評価するため、米国で試験的研究を実施している。

*Globes-Israel Business Arenaの原文を読む。