妊婦向けのソリューション・イスラエルのFemtech4選

*この記事は ISRAEL21c-Uncovering Israelの記事を日本語に翻訳して作成しています。

HeraBEAT (HeraMED社) 

HeraBEATは、スマートフォンを基盤とした家庭用胎児心拍モニターである。妊婦は、手持ちのドップラー超音波機器を使って胎児の心拍を計測し、スマートフォンアプリを通じてクラウド上にその情報をアップし医療機関と共有することが自宅やオフィスでもできるという

HeraBEAT lets moms check fetal heartrate anytime, anywhere. Photo courtesy of HeraMED

この機器はイスラエルで製造され、これまでイスラエルやイギリス、オーストラリアで販売された。FDA承認に先行して、イスラエル・イギリス・オーストラリア・アメリカで臨床試験が行われているところだ。

他にもHeraMEDでは開発されていて、現在メイヨークリニックで共同開発されているOrionという機器は、人工知能を使用して妊娠中の患者の医療記録を分析し、問題になる前に合併症の可能性のある既存および新しい危険因子を特定するという。

Instinct (PulseNmore社) 

Instinctは、女性が画像を記録して医療提供者に送信できる家庭用の携帯超音波機器であり、医師は胎児の位置、心臓活動、胎盤の位置、羊水、特定の生体測定などの重要なパラメータを評価できる 。 身体的な異常の検出は目的としていない。

Photo courtesy of PulseNmore

数万ドルの費用がかかる病院用超音波装置と比較して、Instinctの費用は300ドル以下と予想されている。この機器は、25回または50回のスキャンを提供して、1回の妊娠まで保つように設計されているのだ。

Lioness (PregnanTech社)

2018年に開発されたLionessという名の「小さく、かつスマートなソリューション」は、自然早産のリスクにさらされている女性の正期産(37〜41週)を可能にするという。

診療所などで2〜3分間の手順で膣に挿入される使い捨ての特許取得済みのシリコンリングは、子宮頸部を囲み、子宮収縮にもかかわらず子宮頸部の早期短縮または拡張を防ぐ。 妊娠が満期に近づいたら、Lionessは取り除かれる。

Invu (Nuvo社)

Invuは妊娠32週目以降の女性を対象とし、表面電極を使用して、胎児の動き、胎児の心拍数、母体の心拍数、子宮の活動などの指標から胎児と母体の健康のマーカーを測定する。

Nuvo’s Invu remote, noninvasive pregnancy monitoring wearable for in-clinic and at-home use. Photo: courtesy

「妊娠管理技術は過去30年でほとんど変化しておらず、今日の妊婦や医療専門家の期待・ニーズと対立している。現在のアプローチでは、デジタルネイティブ(親も医師も同様)が期待する情報への継続的なリアルタイムアクセスを提供することができない。そのため胎児と母体の両方のパラメータを非侵襲的かつ継続的に記録するワイヤレスウェアラブルシステムで、この現状に挑戦したいと考えている。」とOz氏は述べている。

この製品は現在、FDAのレビューを受けており、ミズーリ州セントルイスで開催されたグローバルSTLヘルスイノベーションサミットで選ばれた10のイスラエルのデジタルヘルスソリューションの1つである。

*ISRAEL21c-Uncovering Israelの原文を読む。