イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年10月前編

食物アレルギー検出スタートアップAllerguardが150万ドルを調達【CTECH by Calcalist】

イスラエルに本拠地を置く食物アレルギーを検出するデバイスを開発するスタートアップ、Allerguard Ltd.は、150万ドルを調達したと発表した。 同ラウンドはCoShareによって率いられ、eHealth Venturesと政府の技術投資部門であるIsrael Innovation Authorityが参加した。

<Allerguard社が開発したデバイス>

2017年に設立されたAllerguardは、調理済みの料理から出る蒸気を感知した上で分析を行い、ピーナッツなどのアレルギーの食品の存在を検知するデバイスを開発している。 同社は、イスラエルとメリーランド州ベセスダの両方にオフィスを構えている。

原文: Food Allergy Detection Startup Allerguard Raises $1.5 Million


MedtronicがAV Medicalを3000万ドルで買収【CTECH by Calcalist】

アイルランドの医療機器メーカーMedtronicは、テルアビブに本拠地をおく医療機器開発を行うスタートアップ、AV Medicalを3000万ドルで買収することに合意した。

2012年に設立されたAV Medicalは、定期的な血管形成手術を受けなければならない透析患者に向けたカテーテルを開発している。 同社は以前、2015年に米国食品医薬品局(FDA)によって承認されたカメレオンバルーン・カテーテルにおいて、Medtronicと販売契約を締結していた。同社はイスラエルでの運営を継続し、全ての従業員はMedtronicのローカルチームの一員となる。

<AV Medical社の製品 Chameleon™>

同社の創立者であるMichael Tal氏は、今回のMedtronicによるAV Medicalの買収は、世界中のより多くの患者に同社の製品を届けるのに役立つと述べた上で、取引の金銭的条件についての言及を控えた 。

原文:Medtronic to Buy Israeli Catheter Developer AV Medical for $30 Million


AIを用いてペプチド創薬を行う Pepticomが500万ドルを調達【nocamels】

AIを用いたペプチド創薬スタートアップPepticomは、投資会社であるChartered Group investment firm からシリーズAラウンドにおいて500万ドルを調達した。

<Pepticom社 プロモーションビデオ>

2011年にヘブライ大学の博士号を持つ科学者とMBA保持者で構成されたチームによって設立されたPepticomは、AIを用いたペプチド創薬方法を合理化する。 同社が開発する技術は、ヘブライ大学の技術移転会社であるYissumによって認可を受けている。

Pepticom社の共同創設者兼CEO Immanuel Lerner氏は、Chartered Group によるこの500万ドルの投資は、今後の我々の技術と能力の発展に対する確信があることを示していると述べており、ここ1年で 改善されたペプチド創薬までにかかる時間はこの投資によりさらに短縮され、市場展開を行うまでの時間が大幅に短縮されるだろうと述べている。

原文: Israeli AI Drug Discovery Startup Pepticom Raises $5M