イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年10月後編

ヘルスケア領域特化のAccelmedが1億ドルのファンド組成【nocamels】

ヘルステック企業へ向けて投資を行うファンドグループであるIsrael’s Accelmedは、1億ドルの調達を目標に新らたなベンチャーファンドを設立したと発表した。

同ファンドは、Israel’s AccelmedのパートナーであるIrit Yaniv博士Amir Blatt氏によって管理されることが決定しており、すでに1500万ドルのコミットメントを英国の実業家であるVincent Tchenguiz氏が率いるConsensus Business Groupから受け取っている。

Accelmed Ventures IIは、Accelmedが設立した4番目のファンドであり、現在Accelmed VenturesとプライベートエクイティファンドであるAccelmed Partnersを通じて3億ドル以上のファンドを管理している。Amir Blatt氏よると、医療機器分野におけるAccelerated Ventures IIの投資戦略は、FDAの承認に近づきつつある先進的な臨床試験の実施中の企業に焦点を当て、デジタルヘルス分野では、病院や保険会社を問わず、米国での初期商業化段階にある企業に対する投資に焦点を当てると言う。

原文: Israel Accelmed To Raise $100M For New Fund Focused On Early-Stage Health Startups


Viz.aiがシリーズBラウンドで$50Mを調達【MD+DI Medical Device and Diagnostic Industry】

2019年Viz.aiは、AIを最大限に用いてソフトウェア開発し、メディカル・テクノロジー分野における最大のプレーヤーの1つと販売契約を確保した。 イスラエルとサンフランシスコに拠点を置く同社の最新の業績として、シリーズBラウンドで5000万ドルを調達している。

今回の資金調達ラウンドは、Greenoaksによって率いられ、既存の投資家であるGVKleiner Perkinsに加えて、Threshold VenturesCRVが参加した。

同社は、病院のCTスキャナーと接続できるソフトウェアを開発した。LVO脳卒中として疑わしい症状が特定された後、数分以内に脳卒中専門医に警告し、放射線画像を彼らのスマートフォンに直接送信し、彼らがそれを確認することを可能にするシステムを提供する。 Viz.aiを使用すると、医師は必要な治療をできるだけ早く患者に提供することが可能になる。

<Viz.aiのプロダクト紹介>

原文: Viz.ai Raises $50M in Series B round


AngioDynamicsがEximo Medicalを買収【Globes Israel’s Business Area】

米国の医療機器会社AngioDynamics Inc.は、レーザー技術を開発するイスラエルのスタートアップEximo Medical Ltd.を4,600万ドル、マイルストーン支払いで最大2,000万ドルをかけて買収することを発表した。

Eximo Medicalは、Uri Geiger博士が管理するAccelmedファンドに加えて、起業家でAccelmed にCTO を務めるIlan Ben Oren 氏Arkin HoldingsPeregrine Venturesなどの多数の投資家たちのサポートによって2012年に設立された。

<Eximo Medicalのプロダクト紹介 >

AngioDynamicsの社長兼CEOである Jim Clemmer氏によれば、 Eximoの買収は、PAD患者を治療する為に介護者が治療を提供するその方法を変える革新的な基盤技術をポートフォリオにもたらすと言われている。

介護者は、毎年200,000人以上のアメリカ人にアテレクトミー治療を提供しています。 EximoのB-Laser™は、今日のPADを治療するためのアテローム切除術に使用される医療機器の中で技術革新をもたらしている。

原文: AngioDynamics to buy Israeli co Eximo Medical