行動科学の視点から集団治療の奏功率を向上させるKeheala社

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

「スティグマ、ケアの課題へのアクセス、面倒な治療プロトコル、情報不足、動機付け、サポートの欠如など、様々な非医療的な要因により、患者が正しいことを行い、薬を服用することが困難になる。」とイスラエルのデジタルヘルススタートアップ Keheala 社のCEOであり創設者であるJon Rathause氏は述べた。

そこでKehealaは、スマートフォンのメッセージ機能と構造化されていない補足的なサービスデータに基づくプラットフォームの行動科学戦略を用いて治療のアドヒアランスの動機付けを助け、患者に時間通り薬を飲ませる技術を開発した。

このプラットフォームは、服薬のリマインダーと疾患情報を安全に配信し、治療の自己検証を可能にし、治療のプロセスを簡素化して通知するという。

具体的には、患者にテキストメッセージを送信し、時間通りに薬を服用させる。 患者が薬を服用した場合、患者はその旨をテキストで送り返し、すると別の感謝のメッセージをが送られる。もし患者が応答しない場合、より多くのテキストメッセージが送信され、Kehealaサポーターからの電話が続き、遵守を確認されることとなる。

ケニアの17の臨床現場での1,200人の結核患者を対象としたこの技術のランダム化比較試験では、患者の96%が良好な結果を達成することができた、とKehealaは報告している。

その2016年の研究の結果は、the New England Journal of Medicineの “Digital Health Support in Treatment for Tuberculosis(結核の治療におけるデジタルヘルス支援)”というタイトルの論文で発表された。

Kehealaの近い将来の計画は、結核だけでなくHIV、糖尿病、心血管疾患に苦しむ人々にサービスを提供することである。

Rathauser氏は、「我々は、他の国で働き、アドヒアランス、差別化されたケア、および調整された介入に焦点を当てて製品を拡大しようとしています。すべて機械学習に基づく予測分析を使用しています。」と述べている。

*NoCamels.comの原文を読む。