Shebaがデジタルヘルスケア開発で企業との連携施設を設立

*この記事はGlobes-Israel Business Newsの記事を日本語に翻訳して作成しています。

Sheba Medical Center(Tel Hashomer Hospital)は、大規模な計画であるネットワークイノベーションプロジェクトを開始した。これにより、イスラエルなど世界中の病院、スタートアップ、ITなど様々な分野の大企業間の協力を目的としたイノベーションプロジェクトを後援する病院となった。そのような病院は他にもあり各病院のアプローチはその管理者の考え次第で異なるが、Sheba Medical Centerのモデルは国際協力への開放性が際立っているという。

このプロジェクトは、Accelerate Innovation to Redesign Healthcare and Collaborate with Partners(ARC)と呼ばれている。Shebaの主任であるZimlichman氏は、大切なことはパートナーシップであると言う。「誰もが自分の興味のある事だけに関心を持っているわけではありません。私たちはスタートアップに必要なものを提供します。」

「医療システムなどの変更は企業の内部開発チームを通じて行われるべきではないということです。より適任である人たちがチームにはいますが、実際企業は私たちとの緊密なパートナーシップを必要としている。キャンパス内で適切に運営し、当社のリソース(主に専門家、情報、試用サイト)を最大限に利用できるようにするのが最善であるため、非常に距離が近くなければなりません。」と述べる。

具体的に、Sheba Medical Centerによって選ばれた企業および病院で創設された企業は、ARCキャンパスに居住することができる。5棟で35,000平方メートルあり、2棟はすでに整備されている。「これによりテルアビブのWeWorkからスペースを借りる手間が省けます。」とZimlichman氏は言う。

実際このプロジェクトにより、企業が病院のデータとインフラストラクチャにアクセスする代わりに、病院は製品の販売に対してロイヤリティを受け取ることが可能となる。「スタートアップはこのシステムを喜んでいます。なぜなら、売り上げがなければ、お金を払わなくていいからです。」とZimlichman氏は述べる。

*Globes-Israel Business Newsの原文を読む。