扁平上皮癌に対する革新的な放射線治療

*この記事はIsrael21c-Uncovering Israel の記事を日本語に翻訳して作成しています。

Alpha Tau Medical社の革新的なα波治療技術の最初の臨床試験の結果は進行性や再発の癌にも効果があるという結果であった。

28人の扁平上皮癌患者の約80%がCR(完全寛解)となり、すべての患者でもある程度治療に反応があった。全身毒性はなく中等度の局所的な副作用のみ見られた(数週間以内に消失)と報告されている。

International Journal of Radiation Oncology, Biology, and Physics, the official journal of the American Society for Radiation Oncology

同社は、固形腫瘍の治療にα線を使用する唯一の会社である。他のすべてのタイプの近接照射療法(密閉された放射線源を治療領域の内側または隣に配置する方法)は、ベータ線やガンマ線を使用する。Alpha Tauの技術は、放射線の使用量を減らし、腫瘍により効率的に焦点を合わせ、周囲の健康な組織を維持し、副作用を最小限にする。このアプローチは、テルアビブ大学の教授Itzhak Kelson氏とYona Keisari氏によって開発された。

現在、膵臓がん、前立腺がん、乳がんに加えて、さらに多くの種類の皮膚がんの試験が計画されており、イスラエル、イタリア、フランス、ロシア、イギリス、ニューヨーク、モントリオールで実施される予定である。

  「規制当局に承認されると、あらゆる種類の固形腫瘍を治療できるようになります」とAlpha Tau CEOのUzi Sofer氏は述べた。

*Israel21c-Uncovering Israel の原文を読む。