データが示すイスラエルデジタルヘルスの躍進

*この記事は CTech の記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエルのデジタルヘルススタートアップは、テルアビブに本拠を置く非営利組織であるStart-Up Nation Central(SNC)が提供するデータによると、2019年に69件の取引で6億6,200万ドルを調達した。 データは年末までに変更される可能性があるが、12月19日時点で2019年度の調達資金総額は前年比で32%増加している。

ヘルスケア産業がより個別化した戦略にシフトしていき、AppleやGoogleのような巨大企業が関連産業に進出していくなど、デジタルヘルス業界は世界的に栄えてきている。

2019年にイスラエルで稼働しているデジタルヘルス企業の数は580に到達し、これは2011年から2倍以上もの数になっている。これらへの投資のうち24%が意思決定支援、23.2%が遠隔管理、19.7%が診断、13.8%がデジタル治療、13.2%がワークフロー、6%が患者エンゲージメントである。

昨年の目立ったベンチャーキャピタル基金はaMoonで、2番目の6億6,000万ドルの医療技術およびライフサイエンス基金を調達した。 あとは、初めに医療技術基金を立ち上げたピタンゴベンチャーキャピタル、medtechファンドを立ち上げた株式クラウドファンディング会社OurCrowd Ltd. やChaim Sheba Medical Centerと提携してTriventures ARCを立ち上げたTriventuresなどある。

*Ctechの原文を読む。