世界中の遺伝学者の負担を軽減するEmedgene

*この記事はNoCamels.com の記事を日本語に翻訳して作成しています。

イスラエルスタートアップEmedgeneは、AIを用いて世界中の遺伝学者が遺伝子検査の分析と解釈をより迅速かつ簡単に行えるようにしている。

同社の共同設立者 Tzur氏は、遺伝学者であり起業家でもある。開発した技術により遺伝子検査を自動で解釈し、遺伝子解析を高速化することに奮闘している。

より広く使用されるための障害を取り除くことができれば、遺伝子診療は必然的に医療の基準になるだろう。Emedgeneはまさにそれを実現し、臨床現場で科学的知識を明らかにできるAIにより、すべての患者が可能な限りの最高のケアを利用できるようするという。

Emedgeneは、患者の症例、データベース、最新の遺伝学出版物から得た数百万のデータでトレーニングした後、遺伝子解析を行うことを学んだAIエンジンを使用している。

そして昨年の10月に、利用可能な情報に基づいて解決すべき遺伝子異常がある可能性を判断できる機械学習アルゴリズムPathoroloを発表した。これは画期的なブレークスルーである。というのも十分な情報が得られない場合に遺伝子異常の解析を中止し、貴重な実験時間を節約するタイミングを遺伝学者に伝えることができるからだ。

*NoCamels.comの原文を読む。