聴覚障害を救うデバイス・技術 6選

*この記事はISRAEL21c-Uncovering Israel の記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

Abilisense

同社は、空襲のサイレンから赤ちゃん泣き声まで幅広い音を聴覚障害のある人に振動または視覚的なアラートとして送信するスマートウォッチのようなIoTデバイス用のソフトを開発した。

そして、ヘルズリヤに拠点を置く同社は、商業化に近づくにつれて一般的なセキュリティおよび安全アプリケーションに拡大しているが、聴覚障害者を支援するという当初の目標も大切にし続けている。

 

Tunefork

Tuneforkユーザーは、スマートフォンベースの簡単な聴覚テストを介してオーディオプロファイルを作成する。 このプロファイルは、登録済みの音響機器、ヘッドフォン、イヤフォン、モバイルデバイスに保持されているデータと正確に一致させることができ、ユーザーの難聴を最大限に補うことができる。

具体的には、作成したオーディオプロファイルをスマートデバイスに統合して、電話、音楽、映画、オーディオブック、GPS方向などのオーディオエクスペリエンスを向上させることができる。このテクノロジーは、補聴器の有無にかかわらず使用できる。

 

GalaPro

iOSおよびAndroid用のGalaProアプリは、自動化された多言語字幕、クローズドキャプション、ダビング、音の増幅、および音声による説明(視覚障がい者向け)をユーザー自身のモバイルデバイスに配信することで、ライブエンターテイメントにアクセスまた参加することを可能にする。

 

Hearing at your fingertips

感覚置換デバイス(SSD)は、ヘブライ大学医学神経生物学者Amir Amedi氏の専門である。

彼の世界的に研究室は、視覚障害を持つ人々が音と触覚を通して「見る」ことを可能にすることに主に焦点を当てている。

最近、Amediの研究室はワルシャワのWorld Hearing Centerと共同で、人工内耳を装着した人の聴解力を向上させることができる、安価で非侵襲的な新しい音声入力SSDを開発した。

チームは、10dBの改善(現在は6dB)という目標を達成するために、デバイスをさらに改善することを目指している。彼らはまた、健常者と聴覚障害者で、MRI対応バージョンのデバイスを使用して、人間の脳のメカニズムを研究する予定である。

 

Map of the inner ear

Tel Aviv大学のKaren Avraham教授の研究室から出された論文によると遺伝性の聴覚障害に関連する遺伝子が100以上も見つかったという。

これまでは補聴器や人工内耳による治療に頼りきりであったが、遺伝子治療が実現できる可能性がある。

メチル化やその他のシグナルを操作することで、内耳の細胞を変換して新しい細胞にしたり、新しい細胞を作成したりできるようになる。

「DNAメチル化のダイナミクスを分析した結果、内耳の発達と聴覚そのものの発生に不可欠な多数の新しい遺伝子が明らかになりました。」「内耳のエピジェネティックマップが、難聴の治療法の開発への入り口になることを願っています。」とAvraham氏は述べた。

 

Lipifai 

Lipifaiは音声テキスト変換技術であるが、マイクを介して音声を「聞く」だけではなく、カメラを介して話し手の唇を「監視」する。

低ノイズ環境では、両方の入力が、画面に表示される結果のテキストをフィードする。しかし、レストランのようにノイズが多い場合、アプリは読唇コンポーネントのみに切り替わる。また、人の読唇術は平均で最大40%の精度だが、Lipifaiは精度を85%以上に向上させる。

Julie Dai and Waseem Ghrayeb, developers of online lip-reading technology LipifAI. Photo: courtesy

*ISRAEL21c-Uncovering Israelの原文を読む。