イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2020年3月編

縫合機器開発のAnchora Medicalが450万ドルの資金調達【Globes-Israel Business Arena

イスラエルの使い捨て腹腔鏡縫合デバイスを開発しているAnchora MedicalHOYATal Capitalより450万ドルの資金調達ラウンドを完了させた。これまでの投資家はShimon Eckhouse氏とAlon Medtech Venturesが名を連ねる。

Anchoraの軟組織縫合デバイスは最小侵襲手術中に小さなステンレス鋼のスマートアンカーを外科用糸に組み込むことで組織内に連続または断続縫合を行うことができる。

原文:Suturing device co Anchora Medical raises $4.5m

 

イスラエル政府がコロナエピデミックと闘うテクノロジーを開発するスタートアップに向けて1300万ドルの予算を組むことを決定【Nocamels.com

Israel Innovation Authorityは、保健省およびNational Digital Israel Initiativeの本部と連携して、新規コロナウイルス(COVID-19)によって引き起こされる様々な課題に対抗するための技術的ソリューションの開発、テスト、および実装の提案を行うよう国内のスタートアップに対して呼びかけた。

また、同組合はコロナ対策に関してイスラエルでヘルスケアや医療システムの分野でイノベーションを起こす可能性を秘めている企業、または業界の技術革新に向けた準備ができているスタートアップを支援するための専用の基金を設立することも発表。当面の総額予算は1300万ドルの予定。

原文:Israel Earmarks $13M For Startups Developing Tech Solutions To Fight Coronavirus

 

旅行者を現地の医師と繋げるアプリ Air Doctorが780万ドルの資金調達【Nocamels.com

イスラエルのヘルスケアテックスタートアップAir Doctorは、旅行者と旅先のローカル医師をつなぐプラットフォームで、今回シリーズAの資金調達ラウンドで780万ドルを調達したと発表した。リード投資家として参加したAXAのコーポレートスタートアップスタジオKamet VenturesPhoenix Insurance Companyによる本ラウンドの調達額は、医療ネットワークとR&D機能を強化し、国際的な拡大をサポートするために使用される。 同社は2018年7月のシードラウンドで310万ドルを調達している。

2016年に設立されたAir Doctorは、海外で病気になった人々と、地元の内科医をグローバルな外来患者ネットワークでつなぐことで、海外旅行者をサポートする。このプラットフォームにより、ユーザーは場所、言語、専門分野、コストのニーズに合った医師のネットワークを数分で検索が可能になる。

原文:Israel’s Air Doctor Raises $7.8M To Connect Travelers With Local Doctors

 

コロナウイルスと闘う病院やNPOに対して多額の寄付【Nocamels.com

イスラエルの不動産王Eyal Ofer氏はコロナウイルスのパンデミックとの闘いを支援するために、イスラエルでトップ3の病院と恵まれないコミュニティに食料や必需品を提供する非営利組織に対して寄付を行うことを発表した。

Eyal氏はRamat GanのThe Sheba Medical Center、Tel Avivのthe Sourasky Medical Center (Ichilov)とHaifaのthe Rambam Health Care Campusに対してそれぞれ300万NIS(新シェケル)、NPO法人のLatetには100万NISで合計280万ドルを寄付することとなる。

原文:Israeli Hospitals, University Get Millions In Donations To Fight COVID-1