COVID19の拡大をマップ上で追跡するAI診断技術

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

イスラエルの保健当局は、テルアビブを拠点とするスタートアップDiagnostic Roboticsによって開発されたデジタルリスク評価・監視プラットフォームを使用して、イスラエルでのコロナウイルスの蔓延を追跡し、流行状況を評価している。

 

イスラエル保健省は3月から遠隔スクリーニングにDiagnostic Roboticsのソリューションを使用しており、プラットフォームを活用して患者の臨床症状と根本的な健康状態を分析し、COVID-19の個別リスクプロファイルを生成し、次の段階でのガイドを提供している。

これは、テキストメッセージで送信されるオプトインの匿名アンケートを通じて行われ、毎日回答されるというものだ。アンケートは症状を監視すると同時に、医療チームとの直接の接触を最小限に抑えて、すでに増えてきている医療スタッフの負担を軽減する。

 

リモートスクリーニングの仕組みは、ヒートマップというものを通じて視覚化され、保健当局がウイルス拡大傾向の予測と分析を継続的に評価できるようにしている。これにより、コミュニティや医療施設がパンクする前に、モデルを構築し、必要に応じて迅速に介入することができる。

 

Diagnostic Roboticsは現在、ロックダウンから脱出し徐々に戻ってくる正常な日常生活が実際どのような状態であるかを予測するモデルも構築している。

 

*NoCamels.comの原文を読む。