COVID19重症化リスクを評価するAI技術 Maccabi社

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。

 

患者個人の既往歴や健康状態に基づいて、COVID-19感染した場合に重症化するリスクを評価するAI搭載アルゴリズムがイスラエルで使用されることが発表された。

具体的には年齢、呼吸器疾患既往、入院歴、BMI、喫煙歴、処方薬、糖尿病、心疾患などの要素から評価する。

 

 

このシステムは、イスラエルのテクノロジー企業であるMedial EarlySignとKahn-Sagol-Maccabi Research and Innovation Instituteによって開発された。 Medial EarlySignは、機械学習ソリューションと電子医療記録を使用して医療機関の臨床をサポートしている。

 

アルゴリズムによってハイリスクと認定された個人が医師にCOVID-19のような症状を報告すると、システムは自動的に患者がハイリスクであると医療専門家に通知する。その後、患者は直ちに検査を受けるために病院に送られる。検査は、指定されたMaccabi施設、ドライブインステーション、または自宅で行われる。これにより、確実な診断に続いて可能な限り迅速に医療処置を開始でき、ウイルスの蔓延を制限するのに役立つのだ。

 

Medial EarlySignは、COVID-19ヘルスケアプロトコルの一部としてこの技術に関心を持ったアメリカの著名な医療機関と現在交渉中であると述べた。

 

*NoCamels.comの原文を読む。