メディカルイメージングのNanoxがZebra Medical VisionとUSARADを買収

イスラエルのメディカルイメージング企業であるNanox Imaging Ltd.は、同じくイスラエルのメディカルAI開発のスタートアップであるZebra Medical Visionを前金1億ドル、マイルストーンに応じて最大1億ドルで全株式取得する契約を締結した。

また、Nanoxは、アメリカのUSARADおよびその関連会社であるMedical Diagnostics Webを買収するという旨の基本合意書の締結を発表した。USARADは、300名の放射線技師によるグローバルネットワークを運営しており、Nanoxはグローバルなエンド・ツー・エンドの放射線技術ソリューションを構築するために同社を買収すると考えられる。USARADとMDWの合計対価は3,000万ドルで、今回の発表によるNanoxの内訳は株式2,100万ドルと現金900万ドルとなる。

Nanoxは、医療データの分析において、医療用画像処理装置、放射線技師、国や社会間の接続性が欠けているという三つの問題の解決を掲げており、Zebra Medical Visionの買収により、AIを搭載した次世代のハードウェアおよびソフトウェアデバイスを開発・販売し、医療機器分野へニュースタンダードをもたらすことができると見ている。

併せて読みたい:イスラエル全土で医療画像AIソリューションを展開するZebra Medical Vision