米整形外科企業・BioventusがCartiHealを5億ドルでの買収オプションを行使

米国の整形外科関連の技術製品を製造開発しているBioventusは、サンゴから作られた合成軟骨インプラントを開発したイスラエルの医療機器ベンチャーCartiHealを買収するオプションを行使することを発表した。Bioventusは、3億6000万ドルの前払いと5億ドルに達する可能性のあるマイルストーンを支払うことになっている。Bioventusは、CartiHealとのオプションおよび株式購入契約に基づき、5,000万ドルの仮払いを選択し、CartiHealの軟骨治療デバイスAgili-C™がFDAの承認を受け次第、同社の買収を進める意向を示している。

CartiHealはBen Gurion University of the NegevのNir Altschuler氏の研究からスピンアウトし2009年に創業。同社の創業者兼CEOであるNir氏は、サンゴインプラントが骨髄から幹細胞を引き出し、インプラントの中で徐々に分解されながら、損傷した軟骨や骨を再構築していくことを発見した。現在、同社はラウンドC+までで合計7,400億ドルの資金調達を行なっている。