イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2021年8月編

脳卒中治療技術のBrainQが4,000万ドルの資金調達【Nocamels.com

神経疾患を治療するAI技術を開発しているエルサレムが拠点のBrainQは、リード投資家のHanaco VenturesDexel PharmaPeregrine Venturesのはじめとする投資家より4,000万ドルの資金調達を完了した。同社は、これまでにOurCrowd、Normal、Sailing CapitalIT Farm、Millhouse、Qureといった投資家より調達を行なっており、今回のラウンドで調達総額は約5,000万ドルを超えた。

今回の調達資金は、米国内の複数の病院で今後予定されている虚血性脳卒中患者向けの多施設共同ピボタル試験の施工や市場投入計画に向けたインフラ整備に活用される。BrainQは今年初め、自社の脳卒中治療技術がFDA Breakthrough Device Designationを取得している。

原文:Israeli Firm BrainQ Raises $40M For Its Stroke Therapy Tech

 

AIベースの超音波分析のDiAが1,400万ドルの資金調達【TechCrunch

深層学習と機械学習を利用した超音波スキャンの自動分析ツールを開発しているDiA Imaging AnalysisがシリーズBで1400万ドルの資金調達を完了した。最後に資金調達を行ってから3年を経た今回のラウンドには、新規投資家のAlchimia VenturesDowning VenturesICON FundPhilipsXTX Venturesのほか、CE VenturesConnecticut InnovationsDefta PartnersMindset Ventures、Dr Shmuel Cabillyなどの既存の投資家も参加している。同社は、現在までに総額2,500万ドルを調達している。

併せて読みたい⇒エコーを正確に撮り解析するAIソフトを開発したDiA Analysis

原文:Israel’s DiA gets $14M to expand AI-driven ultrasound analysis

 

遠隔医療のAntidote Healthが1,200万ドルの資金調達【Globes-Israel Business Arena

今年の1月に創業されたイスラエルのB2C遠隔医療プロバイダーであるAntidote Healthは、リード投資家であるiAngelsWell-Tech VenturesFlint Capitalとその他のエンジェル投資家よりシードラウンドで1,200万ドル資金調達を完了した。

Antidote Healthは、保険に加入していないアメリカ人に、人工知能(AI)を利用したバーチャルHMOを提供し、スマートチャットボットとビデオ通話でユーザーと医師を結びつける。同社は、3,800万人以上のアメリカ人が無保険であるというアメリカで蔓延するヘルスケアへのアクセス性の問題を解決するためHMOモデルを選択した。より直接的なアプローチでヘルスケアを提供することで、個人にプレミアム品質の医療保険を月々29ドルという低価格で提供することができ、何百万人もの個人や家族にとって利用しやすい選択肢となっている。

原文:Israeli telehealth co Antidote Health raises $12m