2021年の最も成功が約束されたデジタルヘルススタートアップ8社

ニューヨークのリサーチ企業・CB Insightsが選ぶ、成功が約束されたデジタルヘルス企業のグローバルランキング・Digital Health 150が今年も発表された。

CB Insightsは、未上場企業、ベンチャーキャピタル、パートナーシップ、投資家の活動に関するデータを分析する技術市場情報プラットフォームを提供している。今年のDigital Health 150は、CBインサイツの年次イベント・Future of Healthでライブ公開された。今年の受賞リストには、データ統合・分析、在宅医療技術、バーチャルケア、臨床インテリジェンス分野に取り組む企業が主に選出された。

今回は、このリストに登場したイスラエルのデジタルヘルススタートアップ8社を紹介する。イスラエルに本社を置く企業が3社、イスラエル人を創業者とする企業が4社含まれている。また、ほとんどは国内にR&Dセンターを持っており、AIを使った医療用画像診断のスタートアップから、がん腫瘍のモニタリング会社まで、さまざまな企業が名を連ねている。

 

DiA Imaging Analysis

DiA Imaging Analysisは、2009年に設立され、現在はイスラエルのRamat GanとBeersheba、米国のコネチカット州にオフィスを構える超音波解析のための高度なAIソリューションを提供するリーディングカンパニー。

同社のソフトウェアにより、ユーザーは臨床的な適応症や異常を正確に特定することができる。心臓・腹部自動解析ツールのLVivoシリーズは、超音波診断の経験が様々なレベルの臨床医でも、超音波診断装置や医療用ITシステムで超音波画像を使用し、スピード、効率、精度を高めて解析を可能にする。7つのFDA認証製品を提供し、GE HealthcarePhilipsIBM Watsonなどとパートナーシップを結んでいる。

併せて読みたい→エコーを正確に撮り解析するAIソフトを開発したDiA Analysis

 

Sweetch

テルアビブを拠点とするモバイルヘルスプラットフォーム Sweetchは、疾病管理の様々な側面において患者のアドヒアランスを高め、慢性疾患を持つ人々の臨床成果を向上させる。Sweetchは、AIとEI(感情知能)を組み合わせて、患者の現実の行動パターンを学習し、エンゲージメントを最適化するという初めての試みを行っている。2013年に設立された同社は、2型糖尿病の発症リスクが高い人を特定するAIプラットフォームを提供を目指している。

 

Lumen

Lumenは、代謝を正確に測定するモバイルデバイス。CO2センサーと流量計を使用し、これまで1時間のラボテストでしか測定できなかった1回の呼吸中のCO2濃度を、1分以内の測定を可能にし、これにより代謝量を算出する。また、Lumenには、バーチャル栄養士として、ユーザーの代謝に応じた食事や運動の推奨を行う機能も含まれている。

Tel Avivを拠点とするこのスタートアップは、ソーシャルツールバーアプリ開発会社Wibiyaの創業者であるDaniel Tal、Dror Ceder、Avi Smilaと、鉄人レースやウルトラマラソンに共に出場するアスリートの双子姉妹Michal & Merav Morによって2014年にMetaflowとして設立されました。

 

Theator

外科医療技術のTheatorは、高度なAIとコンピュータビジョンを活用し、外科医のパフォーマンスを向上に取り組んでいる。外科医が、術前の準備から術後の分析まで、さまざまな角度から自分の仕事を確認・評価できるビデオ解析を提供する。

カリフォルニア州に本社を置き、イスラエルに研究開発センターを持つ同社は、アメリカの学術医療機関 Mayo Clinicと提携し、Theatorのシステムを導入することを発表した。また、シリーズAの資金調達を行い、CB Insightsの「最も革新的なAIスタートアップ100社」、Wiredの「イスラエルで最もホットなスタートアップ10社」、Fast Companyの「2021年最も革新的な企業」に選出されている。

 

Nym Health

2018年に設立されたNym Healthは、臨床データを自律的、効率的、かつ正確に処理できるコーディングソフトウェアを開発している。米国内の40以上の病院に展開するNymは、医療施設での収益サイクル管理(RCM)のプログラムを再構築している。Nymのプラットフォームは、決済システム、完全に自律的な医療コーディングによる保険拒否や運用コストの削減、支払いサイクルの短縮、医療従事者の監査対応力の最大化などを通じて、RCMをアップデートする。

併せて読みたい→イスラエル ヘルスケアスタートアップ資金調達情報・2019年6月編

 

Empathy

Empathyは、家族を亡くした遺族の心理的、法的、経済的な手助けをするデジタルサービスを提供する、イスラエル発のスタートアップ。このアプリケーションは、個人的な事情に関する詳細事項をいくつか書き込むと、人の死去にともなうさまざまな手続きや作業をガイドしてくれる。人々への告知の方法、葬儀やその他の儀式の手配、必要な書類の入手、遺書の対応、故人の身元の保証、遺品整理、遺言検認の手配、福祉手当や銀行口座や請求書やその他の資産や税金に関連する決済、また必要ならば遺族のカウンセリングの手配などが含まれる。また、遺族を精神的に励ますデジタルコンパニオンとしての役割も果たす。

同社は4月に1300万ドルのシード調達でステルスモードを解除し、10月に3000万ドルを追加調達し、現在までに総額4300万ドルを調達している。また、2021年のベストGoogleアプリにも選出された。

 

Vocalis Health

Vocalis Healthは、AIを用いた音声バイオマーカーを医療に応用するスタートアップ。2019年にデジタルヘルス領域での音声分析技術スタートアップであるBeyond VerbalとHealthymizeの2社が合併して設立され、スマートフォンなどのモバイルデバイスからアクセスできるソフトウェアプロダクトを開発している。診断ツールとしてではなく、追加の診断検査が必要な人を判別するための信頼性の高いリスクスコアを提供し、診断リソースをより効率的に配分できるようにするためのスクリーニングツールとして使用されるよう設計されている。

同社の製品は米国食品医薬品局(FDA)の認可を得ており、さらに今年初めには、同社のCOVID-19スクリーニングツール・VocalisCheckがCEマークを取得した。

併せて読みたい→Healthymizeが健康を管理するため “声”を分析する技術を利用

 

C2i Genomics

2019年に設立されたC2i Genomicsは、腫瘍のDNAパターンの微妙な変化を解析することで、がんの再発や進行の術後モニタリングを可能とするスタートアップ。C2iのリキッドバイオプシーは、がん腫瘍のモニタリングするツールで、腫瘍全体の遺伝子パターンの微妙な変化を特定することで機能する。

 

*この記事はNoCamels.comの記事を日本語に翻訳して作成しています。