「脂肪を溶かす」注射が肥満対策に

*本記事はThe Times of Israel-News from Israelによって作成されたものを日本語に翻訳しています。

食事と生活習慣が肥満を改善するのには大切だと、専門家たちは口を揃えて言う。しかし、イスラエルのスタートアップが開発した新型の「脂肪を溶かす」注射によって、我々は、運動や食生活を規則正しくしようと躍起になっている間にお腹の膨らみを減らすことができるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

エルサレムに本拠地を置くRaziel Therapeutics は、皮下注射によって新しい微小な合成分子を注入することで肥満細胞を溶かしてしまうという医学的な治療法を開発したと言う。同様の治療法はすでに存在しているが、Raziel Therapeuticsは、最近の研究でその製品に著しい利点があると分かった主張している。注射は熱を産生し、脂肪細胞を燃焼させ、最大9ヶ月の間脂肪細胞の再生を遅らせ、その後また別の注射が必用となる。製作者たちが言うには、この治療法は外科手術よりも安全であるが、この注射がより幅広い生活習慣の変化の一部である場合には長期間使用してやっと効果的になるということだ。

 

脂肪注射の効果を持続させるためには、9~12ヶ月毎に注射を繰り返す必要がある。また、当然、日頃の食事習慣や運動習慣が良くないと注射の効果も台無しになってしまうかもしれず、効果自体も個人差のあるものだという。

 

*The Times of Israel-News from Israelの原文を読む