ブレインテックスタートアップIntenduがリハビリを変える

*本記事はNoCamels – Israeli Innovation Newsによって作成されたものを日本語に翻訳しています。

 

何かの事故で脳に深い損傷を負ってしまった場合、たとえ治療が上手くいったとしても、その後患者には長いリハビリというものが待っている。

自身の父親がそのような状況になった医師のSon Preminger氏は、脳に障害を負った人々の認知のリハビリをより良くするため、2012年にイスラエルを拠点とするIntendu というスタートアップを設立した。

そこで開発されていることは、脳に障害を負った 人々が、体の動作と”現実世界での複雑な相互作用”を組み合わせたテレビゲームを備えたクラウド基盤を介して、どんな場所でも8つの認知能力(行動制御、開始、応答抑制、移行、計画、意思決定、記憶力)を鍛えたり、向上させたり、リハビリさせたりすることができるというものである。また自宅でのトレーニング装置も展開している。

その技術は、アルツハイマー、統合失調症、うつ、自閉症、パーキンソン病などの認知力低下を含む他の脳障害にも対応するという。

実際のゲームの様子

 

これは地方や遠隔地に住んでいてリハビリ施設に行けない患者たちにとって革新的な技術である。

 

[NoCamels – Israeli Innovation Newsの原文を読む。]