センサーに基づいたチューブを開発したイスラエルのスタートアップ

*本記事はThe Times of Israel-News from Israelで作成されたものを日本語に翻訳しています。

医療機器のスタートアップであるART Medicalは、医療従事者と看護師が包括的な患者データを集めることのできるセンサーに基づくチューブを用いて、集中治療室での生命を脅かす合併症を逃れる方法を開発したと発表した。

患者がICUに入院すると、患者は、呼吸チューブ、栄養チューブ、尿カテーテルなどの多数のチューブを挿管される可能性がある。しかし、患者が挿管に関連して即時に合併症になっているかどうかを効果的に示す証拠は一切ない。

看護師や医師は、感染症や合併症を見つけるために患者を常に監視する必要があり、時間に敏感なこの作業は一般的に手作業で行われている。つまり、遅れが合併症や死を引き起こ可能性があるのだ。

ART Medicalが開発したセンサーに基づくチューブとは、胃酸の逆流や尿、唾液の出を継続的に自動でモニタリングし、異常があれば医師や看護師に警告し、必要な処置を取らせるというものである。

ART Medicalは栄養チューブが胃に挿管されているときに経腸栄養を最適化する製品も展開している。また、他の製品は、挿管によく関連する誤嚥性肺炎や人工呼吸器関連肺炎、急性腎不全を発見し、避けることができる。

これらの技術は今、臨床試験の最終段階で、製品が市場の出回るのは今年の暮れになると予想されている。

ART Medicalは2009年に設立され、これまで約2,700万ドルをアメリカを拠点とするAdvanced Medical Technologies LLCを含めた投資家から得ている。

*The Times of Israel-News from Israelの原文を読む。