イスラエルの心臓血管機器がShark Tank contestの賞を独占

*本記事は ISRAEL21c-Uncovering Israel で作成されたものを日本語に翻訳しています

心不全は、欧米で1,500万人を超える患者に影響を与えていて、医療コストが非常に高く、循環器科では未だに満たされていないことが大きい。

この大きな問題に取り組んでいる2つのイスラエルのスタートアップが、2017年11月初頭にコロラド州デンバーのTCT Conferenceで開催された循環器研究財団のShark Tank Innovation competitionでファイナリスト3社のうちに入ることができた。

Shark TankはEnopace Biomedical of Caesareaを優勝に選んだ。そのスタートアップは、左心室の負荷を減らすことで心臓の働きを高める最小侵襲性埋め込み型神経刺激装置であるHarmonyを開発中である。

3番目に入賞したParagate MedicalはNazarethを拠点とするNGT3 incubatorのスタートアップである。Paragateは、心不全や腎臓疾患の患者で過剰に産生された体液が蓄積しないように、また呼吸困難や他の重篤な合併症を起こさないように体液を継続的に取り除くよう設定された埋め込み型の機器を開発している。

また別のイスラエルの会社、Cognata of Rehovotが最近賞を獲った。Cognataは、NVDIAのGPU Technology Conference (GTC Israel)で最優秀若手企業に選ばれ、自動運転車両のテストと検証のためのシュミレーションプラットホームにて最も革新的に人工知能とディープラーニングを使用したことでInception Awardを受賞した。

この賞は、NVIDIAが主催し、今年初めてイスラエルで開催された世界的な一連のイベントの一環である”GTC Israel”のハイライトであり、「次世代のスターたちに注目を集めた」ものだ。

Inception Awardのために競合する新興企業は、過去2年以内に設立され、イスラエルに拠点を置く必要があり、資金調達額は500万ドルを超えていない。コニャータは2016年に設立されている。

*ISRAEL21c-Uncovering Israelの原文を読む