世界初、イスラエルでの手術による骨再生成功例の報告

*本記事はThe Times of Israel-News from Israelで作成されたものを日本語に翻訳しています。

 

患者のダニー氏より脂肪細胞(近年、脂肪組織に多くの脂肪幹細胞が見出されたことによって、脂肪幹細胞移植など再生医療の細胞源として注目が集まってきた。)が摘出、研究室で培養されたのちに同氏の脚に注入、戻された。

医師たちによってSFのようだという評判を持って受け入れられたこの画期的な骨再生手術は、イスラエル北部のAfulaのHaEmek Medical Centerで行われた。

患者のダニー氏は交通事故によって、脛骨が損傷した。今回の手術では、医師たちは患者より脂肪細胞のサンプルを採り、研究室で培養されたのちに同氏の脚に注入して戻されたことにより損傷を受けた部分の骨が再生されたということが発表された。この工程は世界で初である。

今回取られた方法は数年前にイスラエルのバイオテクノロジー企業Bonus BioGroupによって開発された。脂肪細胞は、組織および血管を生成することができる細胞から分離され、後者は、人体内部の環境をシミュレートし、骨発生のための最適条件を提供するバイオリアクター内で増殖される。 2週間後、このプロセスは、患者の体内に移植することができ、骨の欠損部分を再成長させる組織を産生する。

[The Times of Israel-News from Israelの原文を読む]